HOME > 公演案内 > BORO ソロライブ

公演案内

BORO ソロライブ

公演期間:2023年12月07日(木)

BORO ソロライブ
Mile Stone ~道しるべ~

【出演】BORO(ボーカル、アコースティックギター)

【主な予定曲目】大阪で生まれた女、ネグレスコ・ホテル、朝日のあたる家、兵士のラブレター、他

☆関西出身のシンガーソングライター「BORO」、魂のシャウト!

1979年、その才能を見出した内田裕也氏のプロデュースによる『都会千夜一夜』でデビューし、同年8月に発売した『大阪で生まれた女』が大ヒットをしたシンガーソングライターBORO。

関西をはじめ日本全国に多くの励ましを送り続けてきたBOROが、音楽の殿堂・フェスティバルホールの姉妹ホール「神戸朝日ホール」(神戸旧居留地)
本年秋にリニューアルオープンをし、リニューアル後、関西民音として初の公演となります。

2019年にデビュー40周年を迎え、記念アルバム『RISING!』をリリース。
翌年、腎臓がんが見つかり、2021年にSNSで自身の病について公表。
音楽への情熱がBOROを奮い立たせ、同年に見事にがんを克服。闘病生活を乗り越えた自身の思いを込めたアルバム『OVERCOME』(克服との意味)をリリース。心に響く楽曲の数々に大きな話題を呼びました。

コンサートではBOROの代表曲『大阪で生まれた女』をはじめ、往年の名曲やカバー曲を弾き語りで、時に熱く、時にしっとりと聴かせます。
幾多の困難を乗り越え、無限大に上昇し続ける魂のシャウトにどうぞご期待ください。

公演日程はこちら
◆BORO(ボロ)
1954年、兵庫県伊丹市出身。BOROとは、オンボロ自転車に乗って街中を走り回っていた彼に、友人達がつけたニックネーム。1979年、内田裕也のプロデュースによる『都会千夜一夜』でデビューし、同年『大阪で生まれた女』が大ヒット。以来、22枚のアルバム、10枚のベストアルバム、22枚のシングルを発表。沢田研二、松田優作、雪村いづみ、梓みちよ、近藤真彦、森進一、八代亜紀等、多くのアーティストに楽曲を提供し、音楽プロデューサーとしても活躍している。1991年、筋ジストロフィーの少女・綾佳ちゃんと出会い、「AYAKA基金」を設立。28年目を迎えるこの活動では、歴代の厚生労働大臣や総理に計12回にわたり基金を寄託し、難病支援、研究推進を訴え続けている。2003年、自叙伝『プロペラのない飛行機』を出版。2005年からの約10年間の闘病生活を経て、2015年9月には大阪の名曲ばかりを集めたトリビュートアルバム『大阪で生まれた歌』をリリースし大きな話題となった。アグレッシブな活動を開始したBOROは、2017年8月、京都大学iPS細胞研究基金の支援歌『しあわせのおくりもの』を発表。同年11月には、アコースティックギターによるスタジオ一発録音のアルバム『SHOUT!』を発売。2018年には拉致被害者の救出を願って作った『春夏秋冬抱きしめて』を発表する等、精力的な活動を行っている。2019年8月1日、デビュー40周年記念アルバム『RISING!』発表。2021年12月22日、全曲書き下ろし弾き語りオリジナル・アルバム『OVERCOME』発表。2022年9月23日、世界平和を願うメッセージソング『COMEDIAN/兵士のラブレター』を配信限定で販売。

2023年秋、24枚目のニューアルバム「Mile stone」をリリース予定

公演日程

開催日 開演時間 都道府県
・都市
会場 チケットのご購入 詳細
2023年
12月07日(木)
6:30 pm 兵庫県
神戸市
神戸朝日ホール
チケットのご購入
公演終了
詳細

【料金】
全席:¥5,500 

【お問合せ・チケットのお買い求めは】
公演事務局    06(6966)8000  月~金 営業時間10:00~16:00
チケットぴあ   Pコード:245-366
ローチケ     Lコード:91572
e-plus           
CNプレイガイド 0570-08-9999
神戸朝日ホールオンラインチケット(要事前登録) https://www.kobe-asahihall.jp/
※神戸朝日ホールにチケット販売窓口はございません。

※未就学児童のご入場は固くお断り致します。

・本公演は、感染予防、および拡大防止対策を講じて開催致します。
・当協会の取り組みについては、こちらをご確認ください。
 https://www.min-on.or.jp/topics/info_1300.html
・最新の情報は、当ページにてご案内致します。ご来場前にご確認ください。

< 一覧へもどる