HOME > 公演案内 > Flower~響きあう文化の華

公演案内

Flower~響きあう文化の華

公演期間:2022年12月12日(月)

日中国交正常化50周年記念
Flower~響きあう文化の華
日中アーティストの共演!

【出演】姜小青(ジャン・シャオチン/古箏)、賈鵬芳(ジャー・パンファン/二胡)、王明君(ワン・ミンジュン/笛子)、劉丹 (リュウ・タン/琵琶)、張屹(チャン・イー/舞踊・書道パフォーマンス)、島田歌穂、藤岡正明(以上、歌手)、EGA、En、GEN ROC、HANA、Jona、KATSUYA、KENTO、KITE、MIKUMIKU、SATORU、TAKASHI J/B、大和(以上、ダンサー/アルファベット順)、他

【主な予定曲目】夜来香、蘇州夜曲、映画『ラストエンペラー』より、他

☆圧巻の演出でお贈りする日中アーティストの共演! 悠久の文化の旅へと誘う記念の祝賀公演が実現。

日中国交正常化50周年の祝賀公演として民音がお届けするのは、「Flower」と題した、日中アーティストの多彩な共演ステージ。日本と中国との新たな文化交流を「文化の華」に託し、中国楽器の豪華アーティストたちが、日本の和楽器奏者やヒップホップ・ダンサーとコラボレーションを繰り広げます。華麗な舞と書のパフォーマンス、映像やプロジェクションマッピングを駆使した演出にもご期待ください。
1972年9月に日本と中国の国交が正常化してから50周年を迎える2022年。民音は1975年より毎年のように中国との文化交流を推進し、歌舞、京劇、雑技、民族音楽等、様々な文化を紹介するとともに、2013年からは日本の芸術グループを中国に派遣してきました。「文化の大恩の国」と言われる中国は、日本との2000年におよぶ往来・交流の歴史をもち、とりわけこの50年は度重なる困難に直面しながらも、文化芸術の交流は途絶えることがありませんでした。
今回、日中国交正常化50周年の祝賀公演として実現する「Flower~響きあう文化の華」。日本人アーティストと、日本を中心に世界的に活躍する中国出身のアーティストによる共演ステージを、存分にお楽しみいただきます。コロナ禍により停滞を余儀なくされた両国の文化交流を、「新しい日中交流の時代を開く」ため「華」にたとえ、過去から未来へと続く「文化の華」と表現しました。
公演には、中国出身で現在は日本を中心に世界的に活躍する中国楽器のアーティストたちが集結。古箏奏者の姜小青(ジャン・シャオチン)、二胡奏者の賈鵬芳(ジャー・パンファン)、中国笛奏者の王明君(ワン・ミンヂュン/笛)らが、日本の和楽器やヒップホップ・ダンサーとのコラボレーションを繰り広げます。さらに、舞踊家のみならず書道家としても活躍する張屹(チャン・イー)が登場し、華麗な舞と書のパフォーマンスを披露。日本人に馴染みの深い「夜来香」「蘇州夜曲」などの名曲のほか、映像やプロジェクションマッピング技術を駆使した圧巻の演出で、お客様を新たな未来を開く日中の悠久の文化の旅へと誘います。

公演日程はこちら
◆姜小青(ジャン・シャオチン/古箏)
15歳で中央音楽学院に入学。古箏五大流派の伝統演奏を修得。北京市優秀芸術家。来日後、坂本龍一氏と出会い、アカデミー賞作曲賞受賞作品「ラストエンペラー」のサウンド・トラックに参加、同氏の国内コンサートや全米ツアーにも同行。奈良東大寺・大仏開眼1250年慶讃コンサート、JAL萬福寺音舞台、カターニア国際音楽祭、上海万博、平城遷都1300年記念事業イベント、美空ひばりエンターテインメント「あなたのひばり!私のひばり!!」等、日本各地及び海外で多くの重要なコンサートに招かれ、絶賛されている。2015年ジブリ映画『かぐや姫の物語』のサウンド・トラックに参加。古箏のソロを担当。2020年宝塚歌劇団星組『眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~』で古箏を担当ほか、近年では交響楽団との共演を行っている。

◆賈 鵬芳(ジャー・パンファン/二胡)
中国屈指の楽団「中国中央民族楽団」のソリストを経て1988年来日。作曲家・服部克久氏との出会いをきっかけに、群を抜く音色の美しさと表現力が注目され、国内外でのソロコンサートや、著名ミュージシャンとの共演・アルバム参加、映画・CM・TV・ゲーム音楽で活躍している。オリジナルアルバムは世界各国でリリースされ、音楽賞を受賞するなど海外での評価も高い。現在、BS-TBS「こころめぐり逢い〜二胡と匠の旅」にレギュラー出演中。東京藝術大学修士課程修了。

◆王明君(ワン・ミンジュン/笛)
上海出身。北京中央音楽学院を経て中国音楽学院を卒業。卒業と同時に国家最年少記録で専任講師に任命される。1985年に来日し、東京藝術大学大学院修士課程(音楽学)修了。これまで、東京交響楽団、広島交響楽団、旧新星日本交響楽団、北京中央楽団、上海交響楽団など多くのオーケストラと共演。1999年、文化庁主催のコンサートでは天皇、皇后両陛下の御前で演奏を行う。2003年には自作曲「星光」で民音芸術賞を受賞。日本ではこれまで7枚のCDを発表。現在、昭和音楽大学教授、東京音楽大学大学院非常勤講師。

◆劉丹 (リュウ・タン/琵琶)
中央音楽学院大学琵琶専攻卒業。中国全国総工会文工団の首席琵琶奏者をつとめる。来日後、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程・博士課程修了、音楽学博士号取得。2012〜2016年同大学教学研究助手・専門研究員を勤めた。2022年現在、洗足学園音楽大学非常勤講師、学術研究を続けながら中国琵琶教習・演奏、幅広く音楽活動を行う。

◆張屹(チャン・イー/舞踊・書道パフォーマンス)
北京生まれ。中国舞踊芸術家。幼少より舞踊および書をはじめ、広東舞踊学院大学現在舞踊学部卒業。映画、テレビ、CMに多数出演の他、書において日本と中国でのコンクールで数多くの賞を受賞。舞踊家でもあり書道家でもある。ダンスはソシアルダンスにおいてスタンダード、ラテン共にA級。多くの選手権で活躍の他、各種イベントでその魅力と実力を発揮。また芸術性溢れるコンテンポラリーダンスも披露している。書では、中国書家の熊峰氏に師事。様々な書体を駆使し、書の普及に尽力しながらも、これまでの既成概念を超えた作品の創作に力を入れている。舞踊と書道という「動」と「静」といった一見異なる分野でありながら、双方の共通点を見出し、そのエッセンスを活かしながら独自の世界を創り上げている。

公演日程

開催日 開演時間 都道府県 会場 チケットのご購入 詳細
2022年
12月12日(月)
6:30 pm 東京都
東京
中野サンプラザホール
チケットのご購入
2022年
10月04日(火) 発売
詳細

【料金】
S席:¥6,000  A席:¥5,000 

チケットのお求めは:
チケットぴあ(セブン-イレブン、ファミリーマート) 
https://t.pia.jp/ 【Pコード:226-679】
 ※お電話での受付は、2021年12月31日(金)にて終了致しました。
ローソンチケット(ローソン、ミニストップ店頭Loppi)
・https://l-tike.com/ 【Lコード:70488】
サンプラザチケットコーナー TEL:03(3388)7906

※車椅子席をご希望の方は、MIN-ONインフォメーションセンターにて
 チケット販売致します。(付き添いの方は1名様までとなります)

公演のお問い合わせ:
MIN-ONインフォメーションセンター TEL:03(3226)9999
平日:10:00~16:00(営業時間は変更となる場合がございます)

※未就学児童のご入場は固くお断り致します。
※開場時間は、各公演1時間前を予定しております。

・本公演は、感染予防、および拡大防止対策を講じて開催致します。
・当協会の取り組みについては、こちらをご確認ください。
 https://www.min-on.or.jp/topics/info_1300.html
・公演中止など、やむを得ない場合以外のチケットの払戻しは致しませんので、ご了承ください。

・最新の情報は、民音公式サイト、当ページにてご案内致します。
 ご来場前にご確認ください。

< 一覧へもどる