HOME > 公演案内 > 南の島の歌姫たち

公演案内

南の島の歌姫たち

公演期間:2022年04月12日(火) ~ 04月14日(木)

沖縄本土復帰50周年記念公演
南の島の歌姫たち
古謝美佐子、玉城千春、城南海、石垣優

【出演】古謝美佐子、玉城千春(Kiroro)、城南海、石垣優(ex.やなわらばー)、バンド
構成・演出:佐原一哉

【主な予定曲目】童神、安里屋ユンタ、未来へ、花、てぃんさぐぬ花、他
※予定曲目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

☆沖縄県の本土復帰50周年を記念し、沖縄・奄美出身の素晴らしい歌姫たちが勢揃い!

2022年5月15日に本土復帰50周年を迎える、沖縄県。この大きな節目に合わせて、沖縄・奄美出身の女性歌手4名が民音のステージに集い、聴く人の心に響く、こよなく美しい歌声をお届けします。
古謝美佐子は、沖縄民謡女性歌手として9歳でレコードデビュー。初代ネーネーズのリーダーとして活躍し、ソロ活動後の代表曲「童神」は、多くの歌手がカバーするほど親しまれ、歌い継がれてきました。
玉城千春は、Kiroroのボーカルとして「長い間」「未来へ」「Best Friend」など、幅広い世代が一度は耳にしたことのある大ヒット曲を生み出した国民的アーティスト。
城南海は、奄美民謡のシマ唄をルーツに持つ女性シンガー。2009年にデビューし、テレビ東京系列『THEカラオケ★バトル』に2014年7月から出演。毎回高得点をたたき出し、番組初となる10冠を達成。いま大注目の女性シンガーの一人です。
石垣優は、石垣島から上京後、女性ユニット“やなわらばー”を結成。ドラマの主題歌に抜擢されるなど、話題を呼びました。ユニット解散後、2021年からソロ活動をスタートし、現在も精力的に活動を展開しています。

古謝美佐子を筆頭に、民音のステージ初出演の玉城千春、城南海、石垣優のまさに“南の島の歌姫”と呼ぶにふさわしい4名が、沖縄・奄美の風を運んでくる豪華ステージ。それぞれのオリジナル曲から、このステージでしか実現しない豪華コラボまでを、たっぷりご堪能いただきます。どうぞご期待ください!

公演日程はこちら
◆古謝美佐子(こじゃ みさこ):
1954年、沖縄県嘉手納町生まれ。沖縄民謡歌手。初代ネーネーズのリーダー。基地の町に生まれ、幼少の頃から沖縄民謡に親しみ、小学生から舞台に立つ。9歳でレコードデビュー。
1986年より坂本龍一のプロジェクトに参加。1990年から沖縄ポップグループ“ネーネーズ”リーダーとして参加し、6枚のアルバムなどを発表。1995年ネーネーズを脱退し、1996年よりソロ活動を再開する。特に伝統的な民謡や情け唄と呼ばれるしっとりとした、情感を込めた島うたを得意とする。また、唄以外にも作詞や、三線、琉琴、指笛、三板、太鼓などの楽器演奏もこなす。
2000年には初の本格的ソロアルバム『天架ける橋』を制作、2001年一般発売。「21世紀の沖縄音楽の夜明けを告げるアルバム」と絶賛される。また、自作詞の「童神(わらびがみ)」(1997年作)は、新しい沖縄を代表する子守歌としてブームを呼び、夏川りみ、山本潤子、花*花、加藤登紀子など数々の歌手によってカバーされている。
その他、2007年より文楽人形の吉田勘緑とのコラボ『人形版 吉屋チルー物語』を全国各地で上演するほか、坂本龍一のオペラ『LIFE』(1999年)出演、アイルランドの国宝級アーティスト、チーフタンズのアジアツアー(2001~2002年)ゲスト参加、MONGOL800、夏川りみなど若手歌手やミュージシャンのCD参加等、活動は多岐にわたる。
また音響研究者の研究により「古謝美佐子の声は、人を癒したり健康を促進する『高い周波数域』と『ゆらぎ』を同時に持つ希有の存在である」ということが証明される。

◆玉城千春(たましろ ちはる):
沖縄県読谷村出身。幼い頃から歌手になるのが夢で、1995年にKiroroを結成。ボーカル、作詞作曲を担当。
1996年インディーズシングル「長い間/青のじゅもん」をリリース。沖縄限定で発表したにもかかわらず、売上枚数が1万枚を超え話題になる。1998年1月21日に「長い間」でメジャーデビュー。ノンタイアップにも関わらず、ジワジワと楽曲が全国に浸透し、ミリオンヒット。ピュアな楽曲と素朴なキャラクターで、一躍国民的アーティストとなった。以後「未来へ」「Best Friend」など、誰もが口ずさめるヒット曲多数。
2021年、10年ぶりとなるソロ活動をスタートし、7月7日には母校の沖縄・読谷中学校に実在する桜の木をモチーフに、生徒たちと一緒に制作した未来を担う子どもたちに向けた楽曲「命の樹」を、9月22日には平和を願う思いを込めたメッセージソング「Hope Dream Future」を配信リリースした。
現在、沖縄タイムス社の協力のもと、沖縄県内の小中学校で特別授業「未来へ #いのちを歌おう」を実施中。

◆城南海(きずき みなみ):
1989年、鹿児島県奄美大島生まれ。奄美民謡、シマ唄をルーツに持つシンガー。
2006年、鹿児島市内でシマ唄のパフォーマンス中にその歌唱力を見出され、2009年1月に「夜空ノムコウ」を手がけた川村結花作詞作曲のシングル「アイツムギ」でデビュー。代表曲は、NHKみんなのうた「あさな ゆうな」「夢待列車」をはじめ、NHKドラマ『八日目の蝉』の主題歌「童神~私の宝物~」、NHKBSプレミアム時代劇『薄桜記』の主題歌「Silence」、一青窈作詞、武部聡志作曲・プロデュースのシングル「兆し」など。
毎年恒例となっているワンマンライブ「ウタアシビ」公演をはじめ、さまざまな音楽フェスティバルやイベントに出演。魅力あふれる歌声を送り届けている。

◆石垣優(いしがき ゆう):
沖縄県石垣島出身の女性シンガー。石垣島から上京後、“やなわらばー”を結成。ドラマ主題歌に抜擢された『「拝啓○○さん」』『いちごいちえ』などを収録したアルバム『歌ぐすい』がチャート上位にランクインするなど話題を呼ぶ。
結成20周年となる、2020年末に国際フォーラムでのラストライブをもって“やなわらばー”を解散。その後、2021年より2人分の想いを背負い、ソロ活動をスタート。聴く人の心に響く、唯一無二の歌声は自然と涙を誘う。

公演日程

開催日 開演時間 都道府県 会場 チケットのご購入 詳細
2022年
04月12日(火)
6:30 pm 兵庫県
神戸市
神戸国際会館こくさいホール
チケットのご購入
公演終了
詳細

【料金】
S席:¥5,800  A席:¥5,300  B席:¥4,800 

【お問合せ・チケットのお買い求めは】
公演事務局 06(6966)8000
チケットぴあ https://t.pia.jp/ Pコード:210-115
ローチケ   https://l-tike.com Lコード:93404
e-plus         https://eplus.jp/
神戸国際会館プレイガイド 078(230)3300


※未就学児童のご入場は固くお断り致します。

・本公演は、感染予防、および拡大防止対策を講じて開催致します。
・当協会の取り組みについては、こちらをご確認ください。
 https://www.min-on.or.jp/topics/info_1300.html
・舞台と客席の間は余裕をもたせた座席配置にしております。
・公演中止など、やむを得ない場合以外のチケットの払戻しは致しませんので、ご了承ください。
・最新の情報は、当ページにてご案内致します。ご来場前にご確認ください。

2022年
04月13日(水)
6:30 pm 京都府
京都市
ロームシアター京都メインホール
チケットのご購入
公演終了
詳細

【料金】
S席:¥5,800  A席:¥5,300 

【お問合せ・チケットのお買い求めは】
公演事務局 06(6966)8000
チケットぴあ https://t.pia.jp/ Pコード:210-115
ローチケ   https://l-tike.com Lコード:93404
e-plus         https://eplus.jp/

ロ-ムシアター京都      075(746)3201
オンラインチケット購入  https://www.e-get.jp/kyoto/pt/
京都コンサートホール   075(711)3231


※未就学児童のご入場は固くお断り致します。

・本公演は、感染予防、および拡大防止対策を講じて開催致します。
・当協会の取り組みについては、こちらをご確認ください。
 https://www.min-on.or.jp/topics/info_1300.html
・舞台と客席の間は余裕をもたせた座席配置にしております。
・公演中止など、やむを得ない場合以外のチケットの払戻しは致しませんので、ご了承ください。
・最新の情報は、当ページにてご案内致します。ご来場前にご確認ください。

2022年
04月14日(木)
6:30 pm 大阪府
大阪市
フェスティバルホール
チケットのご購入
公演終了
詳細

【料金】
S席:¥5,800  A席:¥5,300 

【お問合せ・チケットのお買い求めは】
公演事務局 06(6966)8000
チケットぴあ https://t.pia.jp/ Pコード:210-115
ローチケ   https://l-tike.com Lコード:93404
e-plus         https://eplus.jp/

フェスティバルホール チケットセンター(発売日翌日以降窓口販売)
フェスティバルホール オンラインチケット(要事前登録)
https://www.festivalhall.jp(pc・携帯共通)


※未就学児童のご入場は固くお断り致します。

・本公演は、感染予防、および拡大防止対策を講じて開催致します。
・当協会の取り組みについては、こちらをご確認ください。
 https://www.min-on.or.jp/topics/info_1300.html
・舞台と客席の間は余裕をもたせた座席配置にしております。
・公演中止など、やむを得ない場合以外のチケットの払戻しは致しませんので、ご了承ください。
・最新の情報は、当ページにてご案内致します。ご来場前にご確認ください。

< 一覧へもどる