HOME > 公演案内 > 東儀秀樹×川井郁子×三浦一馬

公演案内

東儀秀樹×川井郁子×三浦一馬

公演期間:2022年09月16日(金)

MIN-ON PREMIUM CONCERT
東儀秀樹×川井郁子×三浦一馬

【出演】東儀秀樹(雅楽師/篳篥・笙)、川井郁子(ヴァイオリン)、三浦一馬(バンドネオン)、ピアノ、ベース、パーカッション

【主な予定曲目】越天楽幻想曲、チャールダーシュ、愛の讃歌、ブエノスアイレスの冬、他

☆世界的に活躍する三者の共演! プレミアムな“夢のコラボレーション”ステージ。

すでに民音公演でそれぞれ好評を博してきた東儀秀樹と川井郁子に、民音初登場の三浦一馬を加えた“夢のコラボレーション”。世界的に活躍する雅楽師、ヴァイオリニスト、バンドネオン奏者が同じステージに立ち、プレミアムな時間を繰り広げます。
東儀秀樹は、奈良時代から今日まで1300年もの間、雅楽を世襲してきた楽家・東儀家の雅楽師。日本の重要無形文化財であり、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている雅楽で使う笙(しょう)や篳篥(ひちりき)などを、伝統を大切に継承しつつ変幻自在に操る、唯一無二のアーティストです。
川井郁子は、国内外の世界的音楽家たちと共演を重ね、作曲家としてもジャンルを超えて活躍するヴァイオリニスト。2020年11月よりNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の大河紀行のテーマを担当し、挿入曲でも演奏を提供して好評を得ています。また「川井郁子マザーハンド基金」を設立、国連UNHCR難民サポーターを務めるなど、社会的な活動も積極的に行っています。
三浦一馬は、2008年国際ピアソラ・コンクールで日本人初、史上最年少で準優勝した若手実力派バンドネオン奏者。大河ドラマ『青天を衝け』の大河紀行の音楽演奏を担当するなど、今や各方面から注目されている逸材です。
このコンサートでは、それぞれの楽器の魅力を存分にお楽しみいただきます。さらにソロ演奏のほか、3人の共演で紡がれる極上のハーモニー、“夢のコラボレーション”にも期待が高まります。

公演日程はこちら
◆東儀秀樹 Hideki Togi(雅楽師):
1959年東京生まれ。東儀家は、奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきた楽家。父の仕事の関係で幼少期を海外で過ごし、あらゆるジャンルの音楽を吸収しながら成長した。宮内庁楽部在籍中は、宮中儀式や皇居において行われる雅楽演奏会などに出演するほか、海外での公演にも参加し、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。
1996年デビューアルバム『東儀秀樹』でデビュー。日本レコード大賞企画賞、ゴールドディスク大賞 純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー、2004年芸術選奨文部科学大臣新人賞等、受賞歴多数。 国内外を問わずコンサートを開催し、雅楽器の持ち味を生かした独自の表現に情熱を傾ける。2019年、オリジナル作品や雅楽の古典曲を現代風にアレンジした作品やQUEEN のカバー曲など、東儀秀樹の世界観と魅力を存分に楽しめるアルバム『ヒチリキ・ラプソディ』をリリース。近年はSNSにも力を入れ、幅広い世代から支持を得ている。2021年デビュー25周年を迎え、更なる極みを目指し、異なる分野の様々なアーティストとコラボレーションを行うなど精力的に活動している。
HP: https://www.togihideki.net/
Twitter: @htogi999

◆川井郁子 Ikuko Kawai(ヴァイオリニスト、作曲家):
香川県出身。東京藝術大学卒業。同大学院修了。現在、大阪芸術大学教授。国内外の主要オーケストラ、指揮者チョン・ミョンフンやテノール歌手ホセ・カレーラスなどの世界的音楽家たち、またジャンルを超えて、ポップス系アーティストや、バレエ・ダンサーのファルフ・ルジマトフ、熊川哲也、フィギュアスケートの荒川静香らとも共演。2008年ニューヨークのカーネギーホール、2015年パリ・オペラ座、2019年ワシントンD.C. 全米さくら祭りでの公演を成功させるなど国内外で活躍。第36回日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞、作曲家としても高い評価を得ている。社会的活動として「川井郁子マザーハンド基金」設立。全日本社寺観光連盟親善大使を務める。
使用楽器:ストラディヴァリウス(1715年製 大阪芸術大学所蔵)
レギュラー番組:FMラジオ『川井郁子Unframed notes』(毎週金曜 TOKYO FMおよびFM大阪)
川井郁子オフィシャルサイト https://www.ikukokawai.com/

◆三浦一馬 Kazuma Miura(バンドネオン奏者):
10歳よりバンドネオンを始め、小松亮太に師事。2006年別府アルゲリッチ音楽祭にてバンドネオン界の最高峰ネストル・マルコーニと出会い、その後自作CDの売上で渡航費を捻出してアルゼンチンに渡り、現在に至るまで氏に師事。2008年国際ピアソラ・コンクールで日本人初、史上最年少で準優勝。2014年度出光音楽賞を受賞。2017年自らが率いる室内オーケストラ「東京グランド・ソロイスツ」を結成。2018年には、CD『Libertango』のリリース記念を兼ねた全国11か所を回るキンテート・ツアーを成功に導く。NHK大河ドラマ『青天を衝け』の大河紀行の音楽演奏を担当するなど、若手実力派バンドネオン奏者として各方面から注目されている。
使用楽器は、恩師ネストル・マルコーニより譲り受けた銘器、Alfred Arnold。
オフィシャルサイト:https://www.kazumamiura.com/

公演日程

開催日 開演時間 都道府県 会場 チケットのご購入 詳細
2022年
09月16日(金)
6:30 pm 東京都
東京
Bunkamuraオーチャードホール
チケットのご購入
2022年
07月14日(木) 発売
詳細

【料金】
S席:¥7,000  A席:¥6,000 

チケットのお求めは:
チケットぴあ(セブン-イレブン、ファミリーマート) 
https://t.pia.jp/ 【Pコード:219-065】
 ※お電話での受付は、2021年12月31日(金)にて終了致しました。
ローソンチケット(ローソン、ミニストップ店頭Loppi)
 https://l-tike.com/ 【Lコード:72158】
イープラス(セブン-イレブン、ファミリーマート) 
https://eplus.jp/
※チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて、先行販売予定あり。

CNプレイガイド TEL:0570(08)9999(全日10:00~18:00)
オンラインチケットMY Bunkamura)https://mybun.jp (座席選択可)
Bunkamuraチケットセンター TEL:03(3477)9999(オペレーター対応 10:00~17:00)
Bunkamuraチケットカウンター(Bunkamura1F 10:00~18:00)
東急シアターオーブチケットカウンター(渋谷ヒカリエ2F 11:00 ~18:00)

※車椅子席をご希望の方は、MIN-ONインフォメーションセンターにて
 チケット販売致します。(付き添いの方は1名様までとなります)

公演のお問い合わせ:
MIN-ONインフォメーションセンター TEL:03(3226)9999
平日:10:00~16:00(営業時間は変更となる場合がございます)

※未就学児童のご入場は固くお断り致します。
※開場時間は、各公演1時間前を予定しております。

・本公演は、感染予防、および拡大防止対策を講じて開催致します。
・当協会の取り組みについては、こちらをご確認ください。
 https://www.min-on.or.jp/topics/info_1300.html
・公演中止など、やむを得ない場合以外のチケットの払戻しは致しませんので、ご了承ください。

・最新の情報は、民音公式サイト、当ページにてご案内致します。
 ご来場前にご確認ください。

< 一覧へもどる