HOME > NEWS一覧 > 第31回(2019年度)小泉文夫音楽賞の受賞が決定しました

NEWS

2020/02/09

第31回(2019年度)小泉文夫音楽賞の受賞が決定しました

この度、諸民族、特にアジアの音楽の魅力を、膨大な公演と現地調査を通じて、研究者のみならず多くの人に伝え、身近なものとした功績に対し、第31回(2019年度)小泉文夫音楽賞が当協会へ授賞されることになりました。(東京藝術大学音楽学部・小泉文夫記念資料室公式ホームページに掲載)

同賞は、小泉三枝子夫人が、世界の諸民族の音楽研究に生涯を捧げた東京藝術大学教授小泉文夫氏(1927-83)を記念し、民族音楽学に関連する独創的な研究、または創作活動をした個人、団体の業績を顕彰するために、1989年10月11日に創設されました。

授賞式は2020年6月11日に予定されております。

なお、同賞受賞決定を記念し、民音音楽博物館で開催中の「小泉文夫と遙かなる音楽の旅」展Ⅱの会期末3月1日を7月12日まで延長いたします。ぜひ、ご鑑賞ください。