HOME > 公演案内 > 横坂源 チェロ・リサイタル

公演案内

横坂源 チェロ・リサイタル

公演期間:2019年11月13日(水)

ロマンティック・クラシック
横坂源 チェロ・リサイタル
孤高のロマン

【出演】横坂源(チェロ)、津田裕也(ピアノ)

【予定曲目】J. S.バッハ:6つの無伴奏チェロ組曲より第2番 BWV.1008、A.ドヴォルザーク:ピアノ曲“ボヘミアの森より”より「森の静けさ」 Op.68-5、F.メンデルスゾーン:チェロ・ソナタ 第2番 ニ長調 Op.58、D.ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ 二短調 Op.40
※予定曲目は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

☆ロマン派の主要作品を中心にお届けする好評企画に、デビュー20周年の輝かしいチェリストが登場!

東京文化会館小ホールで開催するシリーズ企画「ロマンティック・クラシック」。このシリーズは、ロマン派の主要な作品を中心に、アーティストがロマンティックな曲をセレクトし、構成していく企画です。今回は、デビュー20周年を迎える実力派のチェリスト横坂源が、“孤高のロマン”をテーマに渾身のプログラムを厳選。“人間の声に一番近い楽器”といわれる、チェロの魅力を存分に引き出します。
横坂源は、2002年にチェリストの登竜門である第5回全日本ビバホール・チェロコンクールに、史上最年少の15歳で第1位を受賞。同年、カザルスホール「プロジェクトQ」に、最年少チェリストとして参加。桐朋学園音楽部門創立50周年記念演奏会では小澤征爾と共演するなど、輝かしい経歴を持つ実力派チェリストです。
今回の「ロマンティック・クラシック」企画は、2019年11月にデビュー20周年を迎える横坂にとって記念のリサイタルでもあります。“孤高のロマン”をテーマに掲げ、横坂自らが選曲。「世間の波に動かされず自分の志を守り抜いた作曲家(孤高の)バッハとショスタコーヴィチを取り上げる」「孤高、一つの信念を貫き、極めていくことは作曲家だけではなく演奏家にとっても必ず必要な要素で、楽器、音楽を通して高みを目指したいという個人的な思いもあり、“孤高のロマン”にしました」(本人の談)と、熟考された珠玉のプログラムをご堪能いただきます。
誰をも魅了してやまない、チェリスト横坂源の高い技術と表現力。“孤高のロマン”を謳い上げる素晴らしきチェロの音色を、どうぞお楽しみください。

公演日程はこちら
◆横坂源Gen Yokosaka(よこさか げん)/チェロ cello:
2002年7月、チェリストの登竜門として知られる全日本ビバホール・チェロコンクールでの最年少優勝(15歳)をはじめ、コンクールでの受賞歴多数。2005年には第15回「出光音楽賞」を、2008年には第7回「齋藤秀雄メモリアル基金賞」を受賞。2009年5月には全ドイツ学生音楽コンクールで第1位(室内楽)を、2010年9月には第59回ミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位を受賞し、国際的なチェリストとしてのキャリアを本格化させる。
1999年10月、13歳で東京交響楽団とサン=サーンスのチェロ協奏曲を共演したのを皮切りに、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、バイエルン放送交響楽団などを含む主要なオーケストラと、また小澤征爾、岩城宏之、秋山和慶、小林研一郎、大友直人、広上淳一、山下一史、梅田敏明、渡辺一正、クリストフ・ポッペンなどと協奏曲を共演し、好評を博す。ピアノの伊藤恵やヴァイオリンの佐藤俊介らとコンスタントに室内楽にも出演し、東京での第1回「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」「東京の夏音楽祭」「宮崎音楽祭」「軽井沢8月祭」や、「題名のない音楽会21」「読響 Symphonic Live ~深夜の音楽会」「クラシック倶楽部」「Dreaming 源」「FM名曲リサイタル」等テレビやラジオにも頻繁に出演するなど、最も幅広い演奏活動を展開するチェリストの一人である。豊かな音楽性やイマジネーションが卓抜したテクニックで表現され、「力強く、豊かで、円熟した音色、そして高い集中力と、何よりも情熱的で生き生きとした演奏」(ハレール・タグブロット)、「卓越した技巧に加え、鋭い感性、豊かな音楽性、質の高い表現力など、天才肌とも言える驚異的な才能の持ち主」(音楽の友)など各誌で絶賛されている。
桐朋学園女子高等学校(男女共学)を卒業後、ソリスト・ディプロマ・コースを経て、シュトゥットゥガルト国立音楽大学、並びにフライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。ダヴィド・ゲリンガス、ジャン・ワンなどのマスタークラスを受ける。ピエール・ブーレーズ指揮するルツェルンフェスティヴァル・アカデミーに18歳で参加して以来、現代音楽にも強い関心を示している。明治安田クオリティオブライフ文化財団、ローム ミュージック ファンデーション海外派遣奨学生。2016年9月、ワーナーミュージック・ジャパンより『J.S.バッハ:ガンバ・ソナタ集』をリリース。

◆津田裕也Yuya Tsuda(つだ ゆうや)/ピアノ piano:
東京藝術大学、同大学院修士課程を経てベルリン芸術大学に学ぶ。2011年同校を最優秀の成績で卒業後、ドイツ国家演奏家資格を取得。2007年、第3回仙台国際音楽コンクール優勝、および聴衆賞、駐日フランス大使賞を受賞。2011年ミュンヘン国際音楽コンクール特別賞受賞。
ソリストとしてベルリン響、東響、日本フィル、仙台フィル等と共演。日本およびドイツ各地でソロリサイタルを開催し好評を博す。室内楽活動にも活発に取り組み、松山冴花とのデュオや、白井圭、門脇大樹とはピアノ・トリオ〈Trio Accord〉を結成して活動を展開。また、ピーター・ウィスペルウェイ、堀米ゆず子、山崎伸子など多くの著名な音楽家と共演し、厚い信頼を得ている。東京藝術大学講師。

公演日程

開催日 開演時間 都道府県 会場 チケットのご購入 詳細
2019年
11月13日(水)
7:00 pm 東京都
東京
東京文化会館 小ホール
チケットのご購入
詳細

【料金】
全席:¥4,500 

チケットのお求めは:
チケットぴあ          ℡0570(02)9999〔Pコード:159-008〕
イープラス              https://eplus.jp/(パソコン&ケータイ)
ローソンチケット       ℡0570(084)003〔Lコード:33033〕
CNプレイガイド        ℡0570(08)9999   www.cnplayguide.com
東京文化会館チケットサービス ℡03(5685)0650  
                                       https://www.t-bunka.jp/

※チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットにて先行販売実施予定。

公演のお問い合わせ:
MIN-ONインフォメーションセンター ℡03(3226)9999

※未就学児童の入場は固くお断りいたします。

< 一覧へもどる