ENGLISH
English

公演詳細

民音タンゴ・シリーズドラマチック・タンゴ「伝統と革新」

民音タンゴ・シリーズ<41>ビクトル・ラバジェン楽団
ドラマチック・タンゴ「伝統と革新」
円熟のバンドネオン!巨匠ラバジェンが刻む琥珀色の時間(とき)

【出演】演奏/ビクトル・ラバジェン楽団(5名)、歌手/エル・チノ・ラボルデ、ギター/ディエゴ・クイッコ、ダンス・カップル/サブリナ&ルベン、ジセラ&ガスパル、ベッサベ&ジョナサン

【曲目】エル・チョクロ、リベルタンゴ、場末のバンドネオン、ラ・クンパルシータ、ほか(予定)

☆劇的に広がるアルゼンチン・タンゴの次なるステージへ! 民音タンゴ・シリーズの新たなページの始まり。

愛されて40年……長きにわたりタンゴの魂、真髄を伝え続けてきた民音タンゴ・シリーズ。41回目の今回より創立50周年を迎えるまでの5年間を、演奏・歌・ダンスと三拍子揃ったステージで、アルゼンチン・タンゴの魅力を十二分にお楽しみいただきます。題して「ドラマチック・タンゴ」。毎年、タンゴの「対比の美」をテーマに掲げ、5つの章でお贈りいたします。

シリーズに不滅の輝きを放つ、新章・第1弾のテーマは「伝統と革新」。そのシンボルにふさわしい、アルゼンチンを代表するバンドネオン奏者、作・編曲家にして指揮者、ビクトル・ラバジェンの登場です。伝統を守り抜く名手であり、革新のためにたゆまぬ挑戦を続ける巨匠ラバジェン。

名門オスバルド・プグリエーセ楽団のメンバーとして活躍し、1989年コロール・タンゴに参加。95年「フォーエバー・タンゴ」の一員となり、翌年から同楽団の指揮者を任じ、世界的ヒットショーのサウンドを支えました。日本人バンドネオン奏者の小松亮太とは、2000年、03年の2度、共演を果たしています。

歌の精髄を披露するのは、エル・チノ・ラボルデ。多彩な表現力と秀でた個性で、聴く者を魅了せずにはおかない、当代屈指の男性タンゴ歌手です。

ダンス・カップルは、3組が出演。実力派のサブリナ&ルベン、日本でも定評のあるジセラ&ガスパル、そして09年タンゴダンス世界選手権ステージ・タンゴ部門優勝者ベッサベト&ジョナサンが、ステージを華麗に彩ります。

長年、発信してきた民音だからこそ実現できる、新たな力強いタンゴの時代をご堪能いただきましょう。
公演概要  
公演名 民音タンゴ・シリーズドラマチック・タンゴ「伝統と革新」
日時 2010年2月11日(木)  2:00p.m
会場 伊勢崎市文化会館 群馬県 伊勢崎市
料金 全席 \5,800
チケット発売日 公演終了
WEBクラブのご案内 民音WEBクラブチケットサービス
前のページへ戻る

PAGE TOP

公演案内
公演情報
これまでの公演
チケット購入方法
  • 広報誌「みんおんクォータリー」
  • 民音博物館
  • バーチャル民音音楽博物館
  • 民音WEBクラブ
  • 民音キッズ
  • ミュージアムショップ
  • クラシック名曲えほん
  • 東京国際音楽コンクール〈指揮〉
お問い合わせ
当協会へのお問い合わせはこちらからどうぞ
お問い合わせはこちら