ENGLISH
English

公演詳細

民音ドラマチック歌謡祭

民音ドラマチック歌謡祭 民音ドラマチック歌謡祭
シャンソンの名曲から魅惑のポップスまで

【出演】ペギー葉山、菅原洋一、山本リンダ、渡辺真知子、佐々木秀実

【曲目】南国土佐を後にして、今日でお別れ、こまっちゃうナ、かもめが翔んだ日、ヨイトマケの唄、愛の讃歌、聞かせてよ愛の言葉を、ほか(予定)

☆大切な歌の力を実感! ポピュラー音楽を愛する最高のメンバーが紡ぐ、ドラマチックな歌謡ステージ。
音楽が多様化したせいか、街角やテレビから流れてくるのは、歌詞の聞き取れない歌ばかり……と、お嘆きの皆様へ、朗報です!
長く歌い継がれ、人生の喜怒哀楽に寄り添い、時に胸を打つほど感動させてくれた歌の数々が、豪華出演者によって蘇ります。
菅原洋一は、1958年に歌手デビュー。65年に発売した「知りたくないの」が、67年に大ヒット。80万枚を越えるセールスを記録しました。
その後も、68年の「誰もいない」、70年の「今日でお別れ」等々、心に沁み入る歌声で愛され続けてきたスターです。
ペギー葉山は、1952年「ドミノ/火の接吻」でレコード・デビュー。59年に「南国土佐を後にして」が、空前の大ヒット。
当時の洋楽ヒットをわが国に紹介し、ジャズ&ポピュラー、歌謡界でも不動の地位を築いた女性歌手です。
山本リンダは、遠藤実作詞作曲「こまっちゃうナ」で、1966年に衝撃の歌手デビュー。国民的アイドルのセクシーな歌と踊りで、人気を博しました。
多方面で活躍中ですが、じつはシャンソン歌手としても定評があり、今回のステージで意外な魅力と遭遇できるかも?
佐々木秀実は、2002年、阿久悠氏に見いだされ、「懺悔」で歌手デビューを果たした、注目の若手シャンソン歌手。
03年発売のアルバム『聞かせてよ愛の言葉を』のタイトル曲が、NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の挿入歌となり、反響を呼びました。
いずれも個性的、実力派の顔ぶれ……歌の持つ力を、あらためて実感していただきます。


※A席は完売致しました。

チケットのお求めは:
電子チケットぴあ    ℡0570(02)9999〔Pコード:248-544〕
イープラス        http://eplus.jp/(パソコン&ケータイ)
ローソンチケット     ℡0570(084)003〔Lコード:71157〕
CNプレイガイド      ℡0570(08)9999
サンプラザチケットコーナー ℡03(3388)7906

公演のお問い合わせ:
MIN-ONインフォメーションセンター
℡03(3226)9999
公演概要  
公演名 民音ドラマチック歌謡祭
日時 2015年2月3日(火)  2:00p.m
会場 中野サンプラザホール 東京都 東京
料金 S 席:\6,000
A 席:\5,000
チケット発売日 公演終了
WEBクラブのご案内 民音WEBクラブチケットサービス
チケット発売所 ローソンチケット
前のページへ戻る

PAGE TOP

公演案内
公演情報
これまでの公演
チケット購入方法
  • 広報誌「みんおんクォータリー」
  • 民音博物館
  • バーチャル民音音楽博物館
  • 民音WEBクラブ
  • 民音キッズ
  • ミュージアムショップ
  • クラシック名曲えほん
  • 東京国際音楽コンクール〈指揮〉
お問い合わせ
当協会へのお問い合わせはこちらからどうぞ
お問い合わせはこちら