フレアーク・グローバルオーケストラ | 一般財団法人民主音楽協会
ホーム » フレアーク・グローバルオーケストラ

フレアーク・グローバルオーケストラ

出演者

フレアーク・グローバルオーケストラ
(Flairck Global Orchestra)

エリック・ヴィッセル〈オランダ〉:ギター
ペーテル・ヴェカース〈オランダ〉:フルート、サンポーニャ
シルフィア・ハウツサイハー〈オランダ〉:ヴァイオリン
パブロ・オルティス〈メキシコ〉:アコースティック・ベース・ギター、ハラナ
マリウス・プレイダ〈ルーマニア〉:ツィンバロム
ルルク・プルウァント〈インドネシア〉:ヴァイオリン、ヴォイス
トゥチー・バジリー〈オランダ〉:ヴァイオリン
ポッピー・バジリー〈オランダ〉:ソロ・ギター
ジーノ・バジリー〈オランダ〉:リズム・ギター
ゾンゾ・バジリー〈オランダ〉:リズム・ギター
スタン・ストーク〈オランダ〉:ダブルベース
アンタル・ステイクスナル〈ハンガリー〉:パーカッション

プロフィル

フレアーク・グローバルオーケストラ(Flairck Global Orchestra)
オランダを代表するインストゥルメンタル・バンド「フレアーク」のリーダー、エリック・ヴィッセルが中心となり、世界5カ国のメンバーからなる多国籍のミュージック・グループ「フレアーク・グローバルオーケストラ」を結成。2009年より40回以上の公演を行っている。民族楽器ツィンバロムやロマ音楽ならではのヴァイオリンの超絶技巧は必聴。端正かつ哀愁の漂う曲調に、バルカン・ロマ色を感じさせる、狂躁的リズム感を加えた演奏は圧巻。

エリック・ヴィッセル(Erik Visser)
オランダ人の両親のもと、インドネシアのジャカルタで生まれ、4歳のときにオランダに帰国した。9歳のときから父親の古いジャズ・ギターを手に演奏を始める。翌年から正式にクラシックのレッスンを受けるようになり、大学で建築を学びながらもバンド活動を始める。78年にフレアークをペーテル・ヴェカース、兄弟のハンス・ヴィッセルらと結成。またたくまに成功をおさめる。幾度かのメンバーチェンジを経て、現在もフレアークの核となる力強いバンドリーダーを務める。85年には アイルランドのシンガー、メアリー・コクランの作品をプロデュースし、これがプラチナ・ステイタスになり世界的なヒットとなるなど、プロデューサーとしての手腕も発揮。2003年には初のソロ・アルバムも制作。

フレアーク・グローバルオーケストラ