フレアーク・グローバルオーケストラ | 一般財団法人民主音楽協会
ホーム »

ごあいさつ

民主音楽協会(民音)は、オランダで最も歴史のあるインストゥルメンタル・バンド「フレアーク」のリーダー、エリック・ヴィッセルを中心に、世界5ヵ国のアーチストが集まり結成された「フレアーク・グローバルオーケストラ」による初の来日公演を、2015年8月より、全国12都市で開催いたします。

★インストゥルメンタル・バンド「フレアーク」のリーダー、エリック・ヴィッセル

1978年に結成されたオランダを代表するインストゥルメンタル・バンド「フレアーク」。伝統音楽にジャズやブルースの要素を取り入れ、常に革新的な音楽をプロデュースしており、1989年にはオランダの最高栄誉にあたる音楽賞「Golden Harp賞」を受賞しました。その圧巻のライブ・パフォーマンスは世界中で高く評価されており、来日公演でも人気を博しています。「フレアーク」のギタリストでありマルチ・インストゥルメンタリスト、そしてプロデューサーとしてグループを牽引しているのが、リーダーのエリック・ヴィッセルです。

★エリック・ヴィッセル率いる「フレアーク・グローバルオーケストラ」が初来日

今回民音のステージに登場する「フレアーク・グローバルオーケストラ」は、「フレアーク」のリーダー、エリック・ヴィッセルが中心となり、彼の音楽に共鳴したアーチストにより結成されました。“グローバル”とあるように、世界5カ国(オランダ、ハンガリー、ルーマニア、メキシコ、インドネシア)のメンバーからなる多国籍のミュージック・グループで、ロマ音楽を駆使したステージ・パフォーマンスが特徴です。今回、「フレアーク・グローバルオーケストラ」として、待望の初来日公演となります。

★強弱の激しい変化に、情熱的で哀愁漂うサウンドが魅力。ロマ音楽の圧巻のステージを!

ステージでは、「フレアーク・グローバルオーケストラ」が、ロマ音楽をたっぷりとお届けします。ロマ音楽の特徴であるテンポや強弱の激しい変化、情熱的かつ哀愁漂うサウンドを、独自の民族楽器ツィンバロム(大型の打弦楽器)の速弾きや、打楽器の畳みかけるようなリズム、ヴァイオリン、ギターの超絶技巧でお届けします。世界5ヵ国から集まった、総勢12名のアーチストによる圧巻の演奏にご期待ください。

ごあいさつ