デキシーランド・ジャズの祭典 | 一般財団法人民主音楽協会
ホーム » 出演者

出演者

シャノン・パウエル(ドラムス)Shannon Powell - Drums

1962年、多くのジャズ・ミュージシャンが住むルイジアナ州ニューオーリンズで生まれ、まわりには音楽が溢れた環境で育つ。6歳の頃より教会でドラムを演奏しはじめ、シェ・フレイジャーやフレディ・コールマンなど伝説的なミュージシャンと共に演奏するようになる。14歳の頃よりプロとして活動。世界的に有名なウィントンとブランフォードのマルサリス兄弟とは同窓の友。1987年からハリー・コニック,JR.とツアーを行ない、プラチナアルバムに輝いたアルバム・レコーディングにも参加。
最近では、ウィントン・マルサリス&リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラや、ダイアナ・クラール、アール・キング、ドクター・ジョン、マーカス・ロバーツ、ジョン・スコフィールド等、数多くのトッププレイヤーと共演。ニューオーリンズの音楽界において生きる伝説とも称される。

演奏者


ケヴィン・ルイス
(トランペット)

デイヴィッド・ハリス
(トロンボーン)

カイル・ルーセル
(ピアノ)

ミッチェル・プレイヤー
(ベース)

オレンジ・ケリン
(クラリネット)

セヴァ・ヴェネ
(バンジョー)

タニア・ブテー
(ヴォーカル)

ナビゲーター

外山喜雄(トランペット)・恵子(バンジョー)

早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブで知り合い、夫婦でジャズの故郷ニューオーリンズに渡り5年間ジャズ武者修行。1975年に帰国、外山喜雄とデキシーセインツを結成。1983年から23年間東京ディズニーランドに出演。あらゆる世代から人気を博した。

外山喜雄は世界的なサッチモ研究家として知られ、“日本のサッチモ”としてニューオーリンズのサッチモ・サマーフェストに2003年以来連続出演している。ちなみに外山喜雄は、1964年に来日公演したルイ・アームストロングの楽屋に忍び込みラッパを吹かせて貰った貴重な経験の持ち主。

また、ジャズを与えてくれたニューオーリンズとアメリカへの感謝の気持ちから、「銃に代えて楽器を!」を合言葉にニューオーリンズの子供達へ楽器のプレゼント運動を推進。2005年にニューオーリンズ市名誉市民。2008年には市の鍵を授与される。2011年東日本大震災を知ったニューオーリンズから、日本への恩返しにと津波で楽器をなくした気仙沼の子供達のジャズバンドに外山氏を通じて楽器が贈られ話題となった。2012年国家戦略大臣から、「世界で活躍し日本を発信する日本人~国境を越えた情熱をもって頑張る日本人」として感謝状を授与された。