ENGLISH
English

公演詳細

ブルガリアン・ヴォイスの女神たち ペルニカ・トリオ

ブルガリアン・ヴォイスの女神たち ペルニカ・トリオ ブルガリアン・ヴォイスの女神たち ペルニカ・トリオ
ゲスト:ヤントラ

【出演】ペルニカ・トリオ、ヤントラ

【曲目】Rano mi e more(朝日)、The Bagpiper(バクパイプ吹き)、ずいずいずっころばし、野ばら、おかあさん、ほか(予定)

☆驚異の伝統ブルガリアン・ヴォイスが、新感覚の地平を切り拓く! 女神の名を冠した、神秘の小編成ハーモニー。
1990年代初頭、日本でも一躍脚光を浴びたブルガリアン・ヴォイス。民音では70年からブルガリアとの交流を開始し、主に合唱団、合唱舞踊団との交流を重ねてきました。
不協和音から生まれる神秘的なハーモニー、地声に近い倍音を多く含み、“こぶし”によって声を揺らす発声法が、特徴的な世界を醸し出します。
注目され始めた当時、最初に合唱団が歌う作品が紹介され、それが伝統スタイルだと思われてきたものの、古来のハーモニーはトリオ形式との説が有力です。
今回ご紹介するペルニカ・トリオは、伝統を守りつつも、他グループとのコラボレーション等の切磋琢磨を経て、現代要素を盛り込みながら新しい音楽を創造。
ロンドンを拠点に、世界各国の音楽フェスティバルに出場し注目を集めている、ブルガリア人とセルビア人からなる3人組コーラス・ユニットです。
トリオ名は、スラブ民族の女神“ペルニカPerunika”由来。既成のイメージにとらわれず、新世代のブルガリアン・コーラスを探究するエウゲニアを中心に、民族音楽の印象的な美しさを響かせます。
2012年、日本の唱歌/わらべうたを、ブルガリアン・ヴォイスの手法でカヴァーしたユニークなアルバム『ブルガリアン・ワラベウタ』をリリース。
同年5月に行われたライブイベント「ライブ・イマージュ 12」のステージにも登場し、大きな話題を呼びました。
ゲスト出演の“ヤントラYantra”は、ペルニカ・トリオのエウゲニアが参加する、もうひとつの男女3名によるコーラス・ユニット。
今回の公演では、宗教音楽から豊かな民謡に「ブルガリアン・ワラベウタ」まで、超絶のブルガリアン・ヴォイスをご堪能いただきます。

【チケットのお求め】
電子チケットぴあ/0570-02-9999 (Pコード:271-746)
ローソンチケット/0570-084-003 (Lコード:41516)

【お問い合わせ】
MIN-ONインフォメーションセンター
℡03(3226)9999

公演概要  
公演名 ブルガリアン・ヴォイスの女神たち ペルニカ・トリオ
日時 2015年10月15日(木)  6:30p.m
会場 焼津市大井川文化会館ミュージコ 静岡県 焼津市==========
料金 全席 \5,000
チケット発売日 公演終了
WEBクラブのご案内 民音WEBクラブチケットサービス
チケット発売所 チケットぴあ
ローソンチケット
前のページへ戻る

PAGE TOP

公演案内
公演情報
これまでの公演
チケット購入方法
  • 広報誌「みんおんクォータリー」
  • 民音博物館
  • バーチャル民音音楽博物館
  • 民音WEBクラブ
  • 民音キッズ
  • ミュージアムショップ
  • クラシック名曲えほん
  • 東京国際音楽コンクール〈指揮〉
お問い合わせ
当協会へのお問い合わせはこちらからどうぞ
お問い合わせはこちら