「わずかデビュー1年にして、エストニアの音楽賞を総ナメ!名実ともにトップクラスの国民的人気バンド、待望の日本ツアー!」

多くの世界遺産を有し、中世の雰囲気を今に伝える「バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)」。その最北端に位置する<魅惑の古都>エストニアより、抜群の人気と実力を誇る「カーリー・ストリングス」を招聘し、進化するエストニア音楽の「今」をお届けします。エストニアの伝統音楽にブルーグラス(アメリカの伝統的な音楽)を融合した独自のサウンドを引っ提げ、2014年4月にデビュー。以後、コンサートは全てソールドアウトするほどの人気となり、瞬く間に7つの音楽賞を総ナメ。わずかデビュー1年にしてエストニアの国民的人気バンドへと登り詰めた注目の弦楽バンドです。今回の日本ツアーでは、オリジナル曲からカヴァー曲まで、エストニアの伝統音楽の魅力を余すところなくお届けします。

主催:MIN-ON
後援:駐日エストニア共和国大使館
制作協力:ハーモニーフィールズ

【予定曲目】
世界は響く(Maailm heliseb)、遠くの村で(Kauges külas)、世界を巡れ(Üle ilma)、やさしさに包まれたなら、他

カーリー・ストリングス(Curly Strings)
バルト3国の中でも、群を抜いた人気と実力を誇る男女4人組の弦楽バンド。2013年に結成。キュートなバンド名は、ヴォーカルのエーヴァ、マンドリンのヴィッルのヘアスタイルである「カーリーヘア」に因んで名付けられた。2014年4月、『世界を巡れ(Üle Ilma)』にてデビュー。エストニアの伝統音楽とブルーグラス(アメリカの伝統的な音楽)を融合した独自のサウンドがたちまち評判となり、デビュー後、彼らのコンサートは全てソールドアウトになる程の人気を博す。2015年、エストニア最大の音楽賞である「エストニアン・ミュージック・アワード」にて<年間最優秀アルバム><年間最優秀バンド><新人賞><年間最優秀ソング>の4部門を獲得、さらに“ゴールデン・プレート”と呼ばれる「エストニアン・ゴールデン・レコード」を3部門で受賞し、計7冠を達成。その後も数々の賞を受賞し、一躍国民的人気バンドへと登り詰める。彼らの音楽はエストニア人のハートを揺さぶる詩心と壮観なメロディーで、今なお幅広い世代に支持され続けている。

【主な受賞歴】
2015年 エストニアン・ミュージック・アワード
<年間最優秀アルバム><年間最優秀バンド><新人賞><年間最優秀ソング>
2015年 エストニアン・ゴールデン・レコード
<年間最優秀アルバム><年間最優秀バンド><新人賞>
2015年 エストニア民族音楽賞
<最優秀ニューフォーク・アーティスト>
2016年 ヨーロピアン・ワールド・オブ・ブルーグラス・フェスティバル
<ヨーロッパ最優秀ブルーグラス賞><リズ・マイヤー賞>
2017年 エストニア民族音楽賞
<最優秀ニューフォーク・アーティスト>

*エーヴァ・タルシ(Eeva Talsi)
フィドル、タルハルパ、ヴォーカル。エストニアのタルトゥ(Tartu)出身。3歳の時にヴァイオリンを習い始め、それ以来音楽とは切っても切り離せない生活を送る。16歳の頃から、色々な国々の伝統音楽に興味を持ち学び始める。2016年にソロアルバム『Vahemalttna』が、ベスト女性アーティスト、年間ベスト民族/フォークアルバムにノミネートされる。同年、グラミー賞にノミネートされたアメリカのヴァイオリニスト、ケイシー・ドリーセンとのデュオCDをリリース。「カーリー・ストリングス」「トルピリ・ユッシ・トリオ」などの音楽活動の傍ら、ヘイノ・エッレル・タルトゥ音楽学校のエストニア伝統音楽科の教鞭もとる。

*ターヴェト・ニレル(Taavet Niller)
ダブルベース、ヴォーカル。エストニアのラクヴェレ(Rakvere)出身。マンドリンから音楽の勉強を始め、ラクヴェレ音楽学校では彼のメイン楽器であるサックスを専攻し卒業。タルトゥ大学・ヴィリヤンディ文化アカデミーでは、ダブルベースでのリズム音楽を専攻した。その後、徐々にキャリアを積み、「カーリー・ストリングス」にてアンサンブル・ベーシストとしての地位を確立した。

*ヴィッル・タルシ(Villu Talsi)
マンドリン、ヴォーカル。エストニア北東に位置するプッシ(Pussi)と呼ばれる工業都市出身。10歳の時からマンドリンを演奏し始め、伝統グループやロック・バンドで演奏する傍ら、ジャズ・ギターを学ぶ。タルトゥ大学・ヴィリヤンディ文化アカデミーでは教鞭もとっている。自由、多様、陽気さを好み、明るい性格。

*ヤーン・ヤーゴ(Jaan Jaago)
ギター、ヴォーカル。パンク・ロックに目覚め14歳からギターを始める。2008~2010年、タルトゥ大学・ヴィリャンディ文化アカデミーでジャズを専攻。2011~2013年、同アカデミーで伝統音楽を専攻。「カーリー・ストリングス」には当時ギターを務めていたヤルマルに代わり4年前から加入。パンク・ロックを始め、クラシック、伝統音楽まで様々なスタイルのギターを弾きこなす。親日家としても知られ、日本のおもてなし、食事、文化をこよなく愛する。




今回、交流するエストニア共和国は、2021年日本の外交関係樹立から100周年を迎えました。ヨーロッパ北部のバルト海、フィンランド湾に面した森と湖の国で、インターネット電話サービス「Skype(スカイプ)」が開発されるなど、IT先進国としても知られています。さらに5年に1度開催される、世界中から集まった2万5千人を超える歌手と約10万人の聴衆による「歌と踊りの祭典」はユネスコの無形文化遺産として有名です。
もっと知りたい!エストニアの魅力を多彩な写真で紹介するWEB記事「MIN-ONミュージック・ジャーニー」を無料公開しています。上のバナーからご覧ください。




<2021年>

入場料金: 5,100円(税込)

上記価格は各会場の最上位ランク料金です。
ランク別の料金及びチケット購入は下のバナーから。


都道府県 開催日 開演時間 会場 問い合わせ 電話番号
東京 11/2(火) 13:00/17:00 J:COMホール八王子 MIN-ONインフォメーションセンター 03-3226-9999
東京 11/4(木) 18:30 中野サンプラザホール MIN-ONインフォメーションセンター 03-3226-9999
千葉 11/7(日) 14:00 君津市民文化ホール MIN-ONインフォメーションセンター 03-3226-9999
神奈川 11/8(月) 18:30 神奈川県民ホール MIN-ONインフォメーションセンター 03-3226-9999
千葉 11/12(金) 14:00 市原市市民会館 MIN-ONインフォメーションセンター 03-3226-9999
埼玉 11/13(土) 14:00 ウェスタ川越 大ホール MIN-ONインフォメーションセンター 03-3226-9999
東京 11/15(月) 14:00 大田区民ホール・アプリコ MIN-ONインフォメーションセンター 03-3226-9999






Copyright(C) MIN-ON CONCERT ASSOCIATION ALL RIGHTS RESERVED.