HOME > 公演案内 > 柳亭市馬 独演会

公演案内

柳亭市馬 独演会

公演期間:2019年03月22日(金)

民音落語会
柳亭市馬 独演会

【出演】柳亭市馬、柳家小春(江戸粋曲)、他

【演題】未定

☆落語協会の会長にして、柳派の王道を歩む、柳亭市馬の高座をお楽しみいただきます。
落語の上手さから「小さん一門の優等生」と称され、2014年6月には落語協会会長に就任。今や柳派の王道を歩む、正統派落語の代表格として人気を博している、柳亭市馬の独演会です。噺のネタの由来やこぼれ話などに精通し、また日本歌手協会の会員でプロ歌手の側面も持つとあって、その博識と多彩な芸風は、他の噺家からも一目おかれるほど。
今回は、江戸粋曲の柳家小春を迎えながら、じっくりと正統派落語の真髄を味わっていただきます。人間国宝の五代目柳家小さんから受け継いだ、ちょいと小粋で人情味あふれる市馬の話芸を、とくとご堪能ください。

◆柳亭市馬(りゅうてい いちば):本名、右藤泰幸(うとう やすゆき)。1961年12月6日、大分県豊後大野市生まれ。80年3月、五代目柳家小さんに入門し、前座名・小幸を名乗る。84年5月、二ツ目昇進に伴い、さん好と改名。93年9月、真打昇進を果たし、四代目柳亭市馬を襲名。同年、平成5年度にっかん飛切落語会の若手落語家奨励賞を、95年に平成7年度国立演芸場花形演芸大賞を受賞。
2008年7月、ポニーキャニオンより「山のあな あな ねぇあなた」で歌手デビュー。プロの美声や雑学によって高座にも幅が広がり、“唄いたがる市馬”と人気を博している。2010年、落語協会理事に就任し、翌2011年、同副会長就任。2014年6月より落語協会会長を務めている。

◆柳家小春(やなぎや こはる):1991年、名人と謳われた寄席音曲師、粋曲の柳家紫朝に弟子入り。江戸音曲の数々(端唄俗曲、新内)を習得し、寄席出演を経て、現在は枠に留まらず、ライブスペースでの演奏など活動の幅を広げている芸達者。師匠譲りの粋な芸を伝承する一方で、さまざまなジャンルのアーティストと伝統と現代の交錯するコラボレーションを重ね、共演者の数は百を超える。2013年よりレゲエと端唄のボーダーレス最新型ユニット“attc vs Koharu”としても活動しており、2014年に7インチアナログ盤を発売。

公演日程はこちら

公演日程

開催日 開演時間 都道府県 会場 チケットのご購入 詳細
2019年
03月22日(金)
2:00 pm
東京都
東京
有楽町よみうりホール
チケットのご購入
公演終了
詳細

【料金】
全席:¥4,000 

チケットのお求めは:
チケットぴあ       ℡0570(02)9999〔Pコード:490-931〕
イープラス        http://eplus.jp/(パソコン・ケータイ)
ローソンチケット    ℡0570(084)003〔Lコード:33109〕
CNプレイガイド     ℡0570(08)9999  www.cnplayguide.com

公演のお問い合わせ:
MIN-ONインフォメーションセンター ℡03(3226)9999

※未就学児童の入場は固くお断りいたします。

< 一覧へもどる