HOME > 公演案内 > 東儀秀樹 雅楽&コンサート

公演案内

東儀秀樹 雅楽&コンサート

公演期間:2019年01月29日(火)

MIN-ON 新春公演
東儀秀樹 雅楽&コンサート
ゲストにチェリスト溝口肇を迎えて

【出演】東儀秀樹(雅楽師)、ゲスト:溝口肇(チェロ)、他(第1部:東儀秀樹、楽師/鉦鼓、太鼓、篳篥、龍笛、笙、箏、琵琶、二人舞、第2部:東儀秀樹、溝口肇、松本圭司/ピアノ、田中晋吾/ベース、天倉正敬/ドラム)

【主な予定曲目】第1部:~東儀秀樹による雅楽公演~越天楽、陪臚、他 第2部:~東儀秀樹とゲスト溝口肇によるスペシャル・コンサート~ミスター・ロンリー、世界の車窓から、リベルタンゴ、他
※予定曲目は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

☆新年の幕開けにふさわしい、雅楽の華やぎを……東儀秀樹が、民音の公演に初登場!

日本の重要無形文化財であり、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている、雅楽の公演を開催いたします。1300年の長きにわたり雅楽を世襲してきた楽家・東儀家の出身、東儀秀樹が、民音のステージに初めて登場します。
雅楽は、上代から伝わる日本固有の音楽と、1400年ほど前から順次、朝鮮半島や中国大陸などから伝来した、古代アジア諸国やシルクロードの芸能に基づき、またはその影響を受けて、日本で熟成されました。平安時代中期に完成し、原形のまま保存されている「世界最古の音楽芸術」「世界最古のオーケストラ」と言われています。陰陽道と呼ばれる古代の哲学や、天文学に統計学、自然界との調和などが織り込まれた、高い完成度をもつ芸術で、古代より決められた家=楽家(がっけ)によって、口伝で正確に継承されてきました。
今回ご紹介する東儀秀樹は、奈良時代から今日まで1300年間、雅楽を世襲してきた楽家・東儀家の出身です。新年を飾る公演では、第1部と第2部でステージをがらりと変えて、雅楽ならではの厳かな趣と、現代に生きる雅楽の伝統楽器をお楽しみいただきます。第1部の「東儀秀樹による雅楽公演」は、雅楽の中心的な役割を担う代表的な管楽器で、それぞれが「天」「地」「空」を表すと伝えられている「笙(しょう)」「篳篥(ひちりき)」「龍笛(りゅうてき)」をはじめ、筝・太鼓・琵琶といった馴染み深い伝統楽器や舞の入った、正統の雅楽の世界を充分にご堪能いただくステージです。また第2部の「東儀秀樹とゲスト溝口肇によるスペシャル・コンサート」では、テレビ朝日系列『世界の車窓から』テーマ曲で人気のチェリスト・溝口肇とともに、それぞれのオリジナル楽曲をはじめ、ポップスのレパートリーを中心に構成されたプログラムをお届けします。
華やかな新春の幕開けを飾るにふさわしい、雅楽に触れられる貴重なこの機会を、とくとお楽しみください!

公演日程はこちら

公演日程

開催日 開演時間 都道府県 会場 チケットのご購入 詳細
2019年
01月29日(火)
6:30 pm 東京都
東京
東京文化会館大ホール
チケットのご購入
詳細

【料金】
S席:¥7,000  A席:¥6,500  B席:¥6,000  C席:¥5,500 

※S席は売り切れました。 チケットのお求めは: チケットぴあ         ℡0570(02)9999〔Pコード:129-755〕 イープラス          http://eplus.jp/(パソコン&ケータイ) ローソンチケット       ℡0570(084)003〔Lコード:34471〕 CNプレイガイド       ℡0570(08)9999 東京文化会館チケットサービス ℡03(5685)0650                  http://www.t-bunka.jp/ 公演のお問い合わせ: MIN-ONインフォメーションセンター ℡03(3226)9999 ※未就学児童の入場は固くお断りいたします。

< 一覧へもどる