HOME > 公演案内 > 桂文枝 独演会

公演案内

桂文枝 独演会

公演期間:2019年07月28日(日)

民音落語会
桂文枝 独演会

【出演】桂文枝、他

☆創作落語の第一人者として活躍中の人気落語家、桂文枝の独演会。

創作落語の第一人者として活躍中の人気落語家、桂文枝。落語界では、昭和・平成の落語を後世に残すべく、代表として「創作落語の会」を推進。これまでに280本近くの創作落語を発表し、新境地を開いてきた第一人者は、落語普及のための海外公演にも積極的に取り組み、「上方落語が世界遺産になるのが私の夢」と語っています。桂文枝の、磨きのかかった爆笑話芸を、たっぷりとお楽しみください。

公演日程はこちら
◆桂文枝(かつら ぶんし):昭和18年、大阪府堺市生まれ。昭和41年、桂小文枝(故・五代目桂文枝)に入門。桂三枝の名で、翌42年、MBSラジオ深夜の初レギュラー番組『歌え! MBSヤングタウン』に出演して人気に火がつき、若者の圧倒的な支持を得てブレイク。「オヨヨ」「グー!」「アリィ」「みじめ」等々、多くの流行語を生みだしました。また、テレビ番組の司会者に抜擢されて以来、数々のレギュラー番組で幅広く活躍し、朝日放送テレビ『新婚さんいらっしゃい!』では、同一司会者によるトーク番組の最長放送として、ギネス世界記録に認定されています。

昭和56年、創作落語を定期的に発表するグループ「落語現在派」を旗揚げし、現在までに280本近くの噺を発表するなど、創作落語に新境地を開いた第一人者として知られてきました。平成15年に、第6代目の上方落語協会会長に就任。2度の文化庁芸術祭大賞、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞し、平成18年秋には紫綬褒章を受章。また同年、大阪の文化振興への貢献により、大阪文化賞特別賞を受賞。平成19年、菊池寛賞を受賞し、国内外で独演会や講演会を開催するかたわら、18人の落語家やタレント、俳優の育成に励み、教育・文化活動にも力を注いでいます。

平成24年7月、桂三枝あらため、上方落語の大名跡である“六代 桂文枝”を襲名。上方落語の世界における普及を目指して、これまでにアメリカ、シンガポール、フランスなど多数の国で落語を披露しました。平成31年1月には自伝『風に戦(そよ)いで』を出版しました。

公演日程

開催日 開演時間 都道府県 会場 チケットのご購入 詳細
2019年
07月28日(日)
11:30 am
4:00 pm
東京都
東京
有楽町よみうりホール
チケットのご購入
詳細

【料金】
全席:¥4,000 

※11時30分からの回は、売り切れました。

チケットのお求めは: 
チケットぴあ              ℡0570(02)9999〔Pコード:493-297〕
イープラス               https://eplus.jp/(パソコン&ケータイ)
ローソンチケット          ℡0570(084)003〔Lコード:31624〕
CNプレイガイド           ℡0570(08)9999   www.cnplayguide.com

※チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットにて、プレオーダー実施予定。

公演のお問い合わせ:
MIN-ONインフォメーションセンター ℡03(3226)9999

※未就学児童の入場は固くお断りいたします。

< 一覧へもどる