HOME > 公演案内 > ものまねヒットパレード

公演案内

ものまねヒットパレード

公演期間:2019年10月16日(水)

ものまねヒットパレード
ツートン青木、君島遼、筍-TAKENOKO-、中垣みな、アンドーひであき、石川不遼

【出演】ツートン青木、君島遼、筍-TAKENOKO-、中垣みな、アンドーひであき、司会/石川不遼

【曲目】川の流れのように、勝手にしやがれ、おもいで酒、望郷じょんから、好きになった人、ブランデーグラス、地上の星、他(予定)

☆本格派“ものまね”による豪華ヒットパレード、抱腹絶倒のステージをお届けします。

好評、ものまね企画が登場!正統派ものまねの大御所と呼ばれるツートン青木。ものまね界の超新星と評される君島遼。50人以上のものまねレパートリーを誇る、話題の筍-TAKENOKO-。顔も歌も中島みゆきそっくりな中垣みな。通称・ものまねアンドロイド、アンドーひであき。ステージを盛り上げる司会には、石川不遼と、“ものまね”でなければ一堂に会す機会もない、贅沢な顔ぶれが居並びます。

いずれ劣らぬ芸達者が、ステージに勢揃い。抱腹絶倒の連打を、容赦なく繰り出します!

公演日程はこちら
◆ツートン青木:国鉄職員、ダンプカー運転手を経て、ものまねタレントに。美空ひばりを中心とする、歌唱によるものまね(歌まね)がメインながら、古畑任三郎に扮した田村正和のものまねが得意で、“小さい古畑任三郎”として注目を集めました。また、「ものまねバトル」で“小さな巨人”、「エンタの神様」では“ものまね界のミニ孔雀”と称され、“正統派ものまね”の大御所と呼ぶにふさわしい存在です。
美空ひばり、布施明ほか、歌手のものまねレパートリーは無尽蔵。男声・女声を、抜群の歌唱力で披露します。芸名は、“Two tone(二色の歌声)”を使いこなすスーパーボイスと、本名の“青木努(あおき つとむ)”が、その由来とか。

◆君島遼:フジテレビ系「最強!!ものまね紅白!大激突!ワンサカ祭り!」で、並み居る強豪を抑えグランプリに輝いた“ものまね界の超新星”。外見だけでなく歌声までそっくりな、小林幸子のものまねで、一躍有名になりました。祖父母の影響で演歌が好きになり、小林幸子の歌まねを始めたのは、高校3年生のときから。このほか、氷川きよし、美空ひばり、ちあきなおみ等々、レパートリーを十八番としています。2018年11月30日『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)で初優勝を果たす。

◆アンドーひであき:初出場した「R-1ぐらんぷり2013」で、一言もしゃべらずに決勝進出、準優勝を果たすというインパクトの大きさで、各界から熱い視線が注がれました。従来のものまねの枠を超え、ダンスや動き、表情のニュアンスなどで魅せる、その芸風から“ものまねアンドロイド”の異名を持ち、精巧に作られた“アンドロイドロボット”が、さまざまな著名人のものまねを披露します。

◆筍-TAKENOKO-:十代で、ものまね界デビュー。女声から男声、演歌からアニメソングまで、50人以上のものまねレパートリーを誇る、マジックボイス。日本テレビ「24時間テレビ33」や「サンデー・ジャポン」に出演。次世代を担う、ものまね界のスーパーヒーロー登場と、騒がれています。

◆中垣みな:ものまね界初となる「歌もルックスも中島みゆきにそっくり」で話題を呼び、懐かしの歌から最新曲まで、徹頭徹尾、中島みゆきの世界へと誘う、異色の存在です。ライブステージでの活動のほか、バラエティー番組やテレビドラマと、幅広く活躍中。

◆石川不遼:関西を代表する漫才コンビ、横山たかし・ひろしの横山ひろしに弟子入り。漫才コンビ“二本列島”で活動を始め、2002年の解散後は、横山アッチの芸名でも活動。ピン芸人としてお笑いの舞台に立っているほか、演劇での役者業、司会者業もこなすという、八面六臂の活躍ぶりです。

公演日程

開催日 開演時間 都道府県 会場 チケットのご購入 詳細
2019年
10月16日(水)
6:30 pm 群馬県
太田市
太田市民会館
チケットのご購入
詳細

【料金】
全席:¥4,500 

【チケットのお求め】
太田市民会館/0276-57-8577 (窓口販売のみ)
チケットぴあ/0570-02-9999 [Pコード:496-083]
ローソンチケット/0570-084-003 [Lコード:31882]

【お問い合わせ】
MIN-ONインフォメーションセンター
℡03(3226)9999

< 一覧へもどる