ENGLISH
English

詳細情報

2017/08/24

【民音音楽博物館 本館】企画展 田邉尚雄コレクションからみる「純正調の先駆者~田中正平の軌跡」展を開催いたします

民音音楽博物館では、秋からの企画展示として、田邉尚雄コレクションからみる
「純正調の先駆者~田中正平の軌跡」展を開催いたします。

今から80年前の1937年(昭和12)から翌年にかけて、物理学者の田中正平によって「純正調オルガン」と「純正調オルガネット」が製作されました。

田中正平は明治の初め、森鴎外などと共にドイツへ留学。純正調の研究に没頭し、日本人で初めて純正調オルガンを製作、当時のドイツ皇帝から賛辞を得ました。帰国後は、純正調の研究と共に邦楽の研究普及にも尽力しました。

当館には、田中正平のもとで純正調や邦楽について研究を重ね、日本を代表する音楽学者としてその名を遺した田邉尚雄が収集・所蔵していた資料や自筆の書簡を、「田邉尚雄コレクション」として所蔵しています。その膨大なコレクションから田中正平や純正調オルガンに関する資料や書簡が見つかり、純正調の普及に尽力する田中正平とそれを支える田邉尚雄の姿が浮き上がってきました。

本展では、当時の文献資料をはじめ、田中正平が田邉尚雄に送った自筆の書簡などを展示するほか、戦争で焼失されたといわれていた田中正平製作の「田中式昭和オルガネット(純正調オルガネット)」を展示致します。

【開催概要】
期  間:2017年9月9日(土)~2018年2月12日(月・祝)
会  場:民音音楽博物館企画展示室
開館時間:[火~土]11:00~16:00 [日・祝]10:00~17:00
休 館 日:月曜日、年末
主  催:民音音楽博物館
協  力:田中佐
入場料金:無料

【主な展示品】
田邉尚雄コレクションより
○田中正平自筆書簡
○田中正平自筆原稿「普通ピアノ又はオルガンを十九平均律に調律する一方法」
○田中正平著「純正調楽律論」
○田邉尚雄自筆原稿~長岡半太郎、森鴎外、田中正平~
○狭幅ピアノ鍵盤の図
田中式昭和オルガネット(純正調オルガネット)昭和12年製作
田中正平著作書 等

皆様のご来館をお待ちしております。


展示チラシはコチラ>>>

前のページへ戻る

PAGE TOP