ENGLISH
English

詳細情報

2017/05/19

【民音音楽博物館 本館】第33回ミュージアムコンサートを開催いたします

【日時】
2017年6月3日(土)
①11:45a.m.~12:15p.m.
②1:45p.m.~2:15p.m.

【会場】
民音音楽博物館メロディーホール

【出演者】
塚本江里子(ソプラノ)、吉成文乃(メゾソプラノ)、山中麻鈴(ピアノ)

※入場無料

【プロフィル】
塚本江里子(つかもとえりこ/ソプラノ)
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院修士課程音楽研究科オペラ専攻修了。オペラでは、第59回藝大オペラ定期公演と、文化庁文化芸術推進事業 新国立劇場特別公演にて、チマローザ作曲《秘密の結婚》にヒロイン、カロリーナ役で出演。その他、石桁真礼生作曲《河童譚》お花役、モーツァルト作曲《ドン・ジョバンニ》ツェルリーナ役、フンパーディンク作曲《ヘンゼルとグレーテル》グレーテル役を務める。

また首都大学東京の西島央准教授のもとで「《故郷》四番プロジェクト」に参加し、全国各地の高校生が作詞した、新しい価値観での童謡の《故郷》を歌唱披露している。

応募者多数の中からオーディションに合格し、BSフジ子供向け番組「 be ポンキッキーズ」にて、20年ぶりに復活した11代目歌のおねえさんとして活躍。論語指導士の資格を取得し、子どもたちに楽しく論語を学んでもらえるワークショップ等にも携わる。ソプラノ歌手としての演奏活動も精力的に行なっている。twitterも更新中。


吉成文乃(よしなりあやの/メゾソプラノ)
獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。在学時に交換留学生として渡欧し、ウィーン大学にて音楽学を学ぶ。第40回国際ウィーン音楽夏期講習会に参加し、ディプロム取得。

帰国後、東京藝術大学音楽学部声楽科アルト専攻に入学し、2015年春に卒業。ドイツ語の知識を活かし、オラトリオの対訳・ オペラの字幕作製者や、CMやゲーム挿入歌のドイツ語作詞者、レッスン・オペラの稽古通訳者としても活動する。定期的に渡欧を重ね、ドイツ語圏で個人レッスンを受け研鑽を積む。第31回江戸川区新人演奏会出演オーディション声楽部門で第一位受賞。

2016/17シーズンより新国立劇場合唱団に所属。現在東京藝術大学大学院独唱科に在学中。


山中麻鈴(やまなかまりん/ピアノ)
兵庫県神戸市出身。幼少の頃よりヤマハ音楽教室で学ぶ。2011年、自作曲を大友直人指揮、東京交響楽団と共演。2015年よりオペラ「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「椿姫」「ヘンゼルとグレーテル」「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」などの本番ピアニストを務める。現在東京藝術大学音楽学部作曲科4年次に在籍。伴奏ピアニストだけでなく新曲初演にも携わっている。




前のページへ戻る

PAGE TOP