ENGLISH
English

詳細情報

2017/04/12

【民音音楽博物館 西日本館】文化講演会「民族の壁を超える音楽の力」を開催しました

民音音楽博物館では、4月8日(土)午後2時より、関西国際文化センター コスモホールにて「民族の壁を超える音楽の力」と題し、文化講演会を開催しました。

旧ユーゴスラビア諸国を中心に指揮者として活動を続ける柳澤寿男氏が講演。異国の地で国民性の違いに当惑しながらも、いくつかの転機となる出会いを経て、「音楽に国境があってはいけない」との言葉から民族共栄のオーケストラ、バルカン室内管弦楽団を設立し、“音楽の力”で対立する民族と民族をつなごうと今も奮闘されている様子を、数多くの実体験に基づくエピソードや写真を交えながら語られました。

戦争の傷跡が今も人々の生活に残る現地で音楽活動を続けることの困難さなどをユーモアを交えて紹介しながら、バルカン室内管弦楽団の今後の目標を熱く語られる姿に、参加者からは「命がけとも言える本気の取り組みが平和を築くのだと強く感じた」「音楽がこんなに大きな力を持っているのかと今さらながらに感じた」と感動の声が多く寄せられました。

前のページへ戻る

PAGE TOP