ENGLISH
English

詳細情報

2016/10/06

【学校コンサート】弥富市立十四山東部小学校で行いました

カズン 学校コンサート 民音 弥富市立十四山東部小学校 9月7日、「カズン」の学校コンサートが弥富市立十四山東部小学校・体育館(十四山公民館講堂)で開催され、同校の児童や教職員、保護者ら約200名が鑑賞しました。

カラフルな照明の中、ステージ上にある生徒の作品(段ボールに描かれた人形)に紛れて「カズン」の二人が登場し、驚きの歓声の中、スタートしました。コンサートでは、「風の街」など全9曲の美しいハーモニーを披露しました。

亡き母に贈るバラードソング「涙のゆくえ」に感動して涙を流す生徒も。
ウガンダ共和国親善大使であるカズンのオリジナル曲「The Pearl of Africa」でのウガンダの子供たちとの映像。歌で世界を旅する「世界の歌メドレー」など、次から次へと繰り広げられるステージに皆が引き込まれていきました。

また「世界で毎日歌われている歌は何だと思いますか?」との呼びかけ後、「ハッピーバースデー」のメロディーが流れ、サプライズでお誕生日のお祝いも。

生徒たちはもちろん、参加者された皆さんに楽しんでいただくことができました。

平和の想いをこめて、作曲された「僕が君から借りたもの」を、歌うと生徒たちからも元気な歌声が。また校歌も一緒に歌い、最後は、出演者と一体となって大いに盛り上がりました。さらに、アンコールとの呼びかけに「ココロの落書き」を披露、大感動の中終了し、「感動的なコンサートだった」と喜びの声が多数寄せられました。

終了後には、同校を代表して生徒から感謝の言葉と手作りのメダル、花束の贈呈がありました。

服部彰文・弥富市長、下里博昭・弥富市教育長も出席されました。

前のページへ戻る

PAGE TOP