ENGLISH
English

詳細情報

2016/08/15

【指揮者講習会】韓国でMIN-ON Conductor’s Seminar in KOREAを開催しました

韓国指揮者講習会 尾高忠明 民主音楽協会 韓国・ソウルの韓国芸術総合学校で7月5日から9日の5日間、「MIN-ON Conductor’s Seminar in Korea(韓国指揮者講習会)」を開催致しました。

この講習会の講師には、NHK交響楽団正指揮者で東京藝術大学名誉教授の尾高忠明氏と韓国指揮者協会会長で韓国芸術総合学校指揮科教授のチョン・チヨン氏を迎え、韓国から15名、日本から6名の合計21名が受講しました。

初めの2日間は「魔弾の射手」序曲(ウェーバー)、幻想的序曲「ロメオとジュリエット」(チャイコフスキー)、交響曲第9番 ホ短調作品95「新世界より」(ドヴォルザーク)を課題曲に、21名の受講生がピアノの伴奏で受講。ピアノレッスンを受講した中から代表10名が3日目からのオーケストラを使用したレッスン(演奏:江南交響楽団)を受講し、5日目は修了式と代表5名の指揮によるコンサートを開催しました。

すでに指揮者としての経験を積んだ受講者、本格的に指揮者の勉強を始めたばかりの受講者など、経験や年齢は様々でしたが、受講者の皆さんは緊張しながらも誰もが真剣にレッスンを受けておりました。

参加した受講者からは「日本と韓国のレベルはヨーロッパと全く変わりがなく、大きな驚きと刺激を受けました。また韓国の皆さんが真面目で素晴らしい方ばかりで、負けないように頑張ろうと決意ました。」(日本からの参加者)や、「どのように言葉にして良いかわかりませんが、私にとって多くのことを学ぶことができました。自分に足りないことを知ることができました。昨晩は寝ないで研鑽を重ねてきましたが、講師の方から教えて頂いたことを深く理解することができました。」(韓国からの参加者)などの声が寄せられました。

5日間の講習で、日韓両国の若き音楽家は、指揮者を目指して一段と成長しただけでなく、日韓の絆を深める青年交流の場ともなりました。

前のページへ戻る

PAGE TOP