ENGLISH
English

詳細情報

2014/12/16

【海外派遣公演】(韓国)Min-On Global Music Network スタート

民音の新たな公益事業の取り組みである世界と日本の青年音楽家たちの交流を目的とする新プロジェクト「Min-On Global Music Network」がスタート。第1回目は韓国、昌原市の国立昌原大学、ソウル市の崇実大学で公演を行い、日本と韓国のクラシック、民族音楽の分野における優れた若手演奏家16組が参加し好評を博しました。

公演では、まずクラシックの演奏家によるソロや、シューマンのピアノ五重奏曲で白熱の合同演奏を、後半は日本・韓国の民族音楽の名曲から、今回の公演のために新たに編曲された、「ふるさと~アリラン」を合同で演奏。最後は出演者全員で韓国の名曲「常緑樹 Ever Green Tree」が披露され、聴衆からは惜しみない拍手が贈られました。

演奏家同士の交流はもちろんのこと、参加した多くの学生からは、「こうした韓日友好のイベントの機会をもっとつくるべき」との声が多く寄せられ、日韓の相互理解、友好促進への確かな一歩となりました。

尚、本公演には、大韓民国・文化体育観光部、在大韓民国日本大使館公報文化院、在釜山日本国総領事館の後援を得て開催されました。

【日本からの参加メンバー】
〈クラシック〉
大岩紗彩(ヴァイオリン)
片桐由里亜(ピアノ)
秋久ともみ(ヴィオラ)
〈伝統音楽〉
茜澤茜(日本舞踊)
伊藤江里菜(琴)
遠藤直幸[頌豆](尺八)
尾上秀樹(三味線)
花柳亜寿菜(日本舞踊)

【韓国からの参加メンバー】
〈クラシック〉
Cho Sung-Eun(ヴァイオリン)
Kim Jung-Eun(チェロ)
Hwang Yoon-Joo(ピアノ)
〈伝統音楽〉
Ju Bora(カヤグム)
Min Young-Chi(チャング、デクム)
Park Ji-Ha(ピリ・センファン)
・昌原大学公演ゲスト Lee June(ピアノ)
・崇実大学公演ゲスト S Flute Ensemble(フルートアンサンブル)

前のページへ戻る

PAGE TOP