ENGLISH
English

詳細情報

2012/11/19

【関西留学生音楽祭】「第22回関西留学生音楽祭 in KYOTO」を開催しました

 11月17日(土)午後2時より、京都コンサートホール大ホールにて、23ヶ国・地域、101名が参加して「第22回関西留学生音楽祭 in KYOTO」を開催しました。

 1989年よりスタートした本音楽祭は、留学生と府・市民の交流の場として、異文化への相互理解を図る貴重な機会となり、開催の意義に多くの共感を得てまいりました。

 世界の平和が渇望される今、民族や文化の違いを超えた、世界共通の言葉である音楽・芸術の交流が更に重要性を増しており、この「関西留学生音楽祭」が各国間の文化交流を大きく促進する役割を果たすものと確信いたします。

 出演者、観客の皆様から以下のようなお声をいただきましたので、ご紹介いたします。

<出演者>
・私の国の文化を皆さんに紹介し、他の国の文化も知ることができて、とてもいい経験になりました。音楽・文化は世界共通語だと思うことができたイベントでした。(男性)

・友達もできたし、違う国の考え方、生活習慣を聞いて、よい思い出になりました。これから世界平和に頑張ろうと思います。(男性)

<観客>
・衣装、メイク、音楽、とても素晴らしかったです。世界が一つになり、平和の架け橋となってくださるメンバーに未来を感じました。(女性)

・国同士の政治的な関係は悪化していますが、この若い人たちが自国に帰って平和のために働いてくれたら、いつか世界平和が来ると信じます。(女性)

前のページへ戻る

PAGE TOP