ENGLISH
English

詳細情報

2001/10/23

レバノン大使が民音文化センターを訪問

 レバノンのジャーファー・モアウィ駐日大使が10月23日に、民音文化センターを訪問されました。

 富岡代表理事と懇談し、席上大使は「文化交流は民族と民族を結びつける永遠の橋であると思います。政治や経済の結びつきは、利害であるが故に変わりやすい。しかし文化は、人間尊重であるが故に不変です。」「平和という崇高な目的を掲げ、文化交流を推進される民音の努力に対して心から尊敬している。」と語られました。

 その後、二階の展示ルームの見学をされました。
前のページへ戻る

PAGE TOP