ENGLISH
English

詳細情報

2001/08/01

パリ・オペラ座のレオンティーナ・ヴァドゥヴァ女史が訪問

ルーマニア生まれで、現在パリ・オペラ座においてソプラノ歌手として世界的に活躍しているヴァドゥヴァ女史が、7月10日(火)に民音文化センターに来館した。

懇談のなかでヴァドゥヴァ女史は「文化は人間精神を広く広める一番有効な手段であると思う」「文化を通して人間の心の中に善なるものを生み出していく。それが平和を確立する道である」と、更なる民音の文化交流に期待していると語った。
前のページへ戻る

PAGE TOP