ENGLISH
English

詳細情報

2006/03/04

【民音音楽博物館 本館】文化講演会「京劇の世界を語る」を開催

3月3日(金)午後7時から、講師に中国京劇院の呉江院長を招き、民音音楽博物館文化講演会「京劇の世界を語る」が開催された。会場には、約150名の聴衆の方々が来場された。

冒頭、「京劇は中国の国劇です。歴史や文化を全面的に理解する百科事典のようなものです」「経済のよくない時代も、人々は京劇を通して社会とは、道徳とは、人間とはどう生きていくべきなのかを学んできました」と、京劇が国民に与えた影響の大きさをものがたる話が披露された。

また、「京劇の世界は無限大で非常に豊かなものです」「芸術家は『真・善・美』を求めるのが一般的ですが、京劇では『大・善・美』を求めます。限られた真実を乗り越えて、無限大のものを目指しているのです」「役者の演技で想像することは無限大です」と京劇の真髄を語った。

京劇院初の外国人俳優・石山雄太氏のパフォーマンスも披露され、参加者は皆、京劇の魅力に引き込まれた。
前のページへ戻る

PAGE TOP