ENGLISH
English

詳細情報

2003/06/23

サンクトペテルブルク室内管弦楽団一行が来日

本年、建都300年の佳節を迎えるロシアのサンクトペテルブルクから、エルミタージュ美術館専属の管弦楽団「サンクトペテルブルク室内管弦楽団」一行が来日し、民音文化センターに来館されました。

「サンクトペテルブルク室内管弦楽団」は、チャイコフスキーやプロコフィエフ、ショスタコーヴィチといったロシア作品を特に得意とし、「作曲家の真の意図を表現している」との高い評価を得ています。

来館の際には盛大な歓迎を受け、団長のセルゲイ・エフトシェンコ氏は、「こんなにあたたかい歓迎を受けるとは思いませんでした。コンサート会場でもいつもこのようにあたたかい拍手を受けられるようがんばります」と感激の様子で語っていました。一行は6月24日から始まる日本公演にむけ、早速リハーサルを開始しました。
前のページへ戻る

PAGE TOP