ENGLISH
English

詳細情報

2003/05/20

新任のエクアドル大使がご来館

南米エクアドルのアドルフォ・アルバレス駐日大使が、民音文化センターを初訪問されました。大使は、1970年代に書記官として日本駐在を経験され、自ら日本に関する本も上梓されている方です。

懇談の内容は、平和、教育など多岐にわたりました。「今ほど平和を真剣に考えなければならない時はありません。本年、すでに戦争も経験しました。各国が一致協力して平和に立ち向かわねばなりません」と述べられました。

また大使はエクアドルの「障害者によるオーケストラ」の資料を持参されており、「身体的な障害をもつ人たちに、音楽が生きる力を与えています」と語られました。その直後、古典ピアノ室を見学された時にちょうど車椅子に乗られた来館者と遭遇され、大使は「不思議なことです。今、『音楽の力で障害に打ち勝つ人たち』のお話をしていたところです。だからあなたにおめでとうと申し上げたい」と語りかけ、記念の写真に収まりました。
前のページへ戻る

PAGE TOP