? フィリップ・アントルモン ピアノ・リサイタル|財団法人 民主音楽協会
ENGLISH
English

フィリップ・アントルモン ピアノ・リサイタル

フィリップ・アントルモン ピアノ・リサイタル

財団法人 民主音楽協会(民音)は、フランスが誇る世界的なピアノの巨匠フィリップ・アントルモンのデビュー60周年を記念した公演「フィリップ・アントルモン ピアノ・リサイタル」を2010年5月より、全国8都市で開催いたします。

フィリップ・アントルモンはフランスの音楽家の名門に生まれ、幼い頃より音楽に親しんできました。8歳でフランスを代表するピアニストであるマルグリット・ロン女史に師事。12歳でパリ国立高等音楽院に入学した後、多くのコンクールに入賞を重ね、ロン=ティボー国際音楽コンクールでは最高位と最高月桂冠賞受賞、さらにハリー・コーエン・ピアノ・メダルをイギリス人以外で初めて最年少で授与されるなど、目覚ましいキャリアをスタートさせました。以後は、各国でのリサイタル、室内楽活動、ベルリン・フィルなどの一流オーケストラとの共演を続けています。

ピアニストとしての円熟を極める一方、指揮者としても活躍、世界中の有名オーケストラへの客演は枚挙にいとまがありません。ウィーン室内管弦楽団では指揮・音楽監督を30年間務め、現在は終身桂冠指揮者に就任。またサント・ドミンゴ国際音楽祭の音楽監督も務めるなど、その活動は広きに渡っています。それらの功績は、フランス政府からのレジオン・ドヌール勲章、芸術部門の最高位フランス芸術文化勲章、メリット勲章のほか、オーストリア芸術科学十字勲章の授与など、数々の栄誉に輝いています。

日本ではNHK「スーパーピアノレッスン」(05年放送)に出演し好評を博したフィリップ・アントルモン。2010年はデビュー60周年であると同時に、ショパン生誕200年というショパン・イヤーでもあります。そこで今回のコンサートでは、第1部を「アントルモンが選んだ珠玉の名曲集」としてベートーヴェンの他、母国フランスの作曲家にちなんだ名曲を、第2部は「ショパン生誕200年によせて」と題し、ショパンの名曲の数々をおとどけします。

フィリップ・アントルモン 予定曲目

~第1部「アントルモンが選んだ珠玉の名曲集」~

ベートーヴェン BEETHOVEN(1770~1827)
ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 「熱情」 作品57
ドビュッシー DEBUSSY(1862~1918)
月の光(「ベルガマスク組曲」より、第3曲)
トッカータ「ピアノのために」より、第3曲)
ラヴェル RAVEL(1875~1937)
亡き王女のためのパヴァーヌ
道化師の朝の歌(「鏡」より、第4曲)

~第2部「ショパン生誕200年によせて」~

ショパン CHOPIN(1810~1849)
バラード 第1番 ト短調 作品23
幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
華麗なる大円舞曲 変ホ長調 作品18(ワルツ第1番)
ノクターン 第8番 変ニ長調 作品27-2
スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31
                        
※曲目は変更になる場合がございます。 

フィリップ・アントルモン プロフィル

フィリップ・アントルモン ピアニスト、指揮者

1934年フランス生まれ。父は指揮者・ヴァイオリニスト、母はピアニストという家庭環境でピアノに親しみ、8歳でフランスが誇るマルグリット・ロン女史に師事。12歳でパリ国立高等音楽院に入学し14歳で室内楽プルミエリ(一等賞)、翌年にピアノ同賞を得て卒業。51年16歳でロン=ティボー国際音楽コンクール入賞後、バルセロナでプロデビューを飾る。52年エリーザベト王妃国際音楽コンクールに入賞。53年ロン=ティボー国際音楽コンクール最高位と最高月桂冠賞受賞。同年アメリカ・デビューの成功で目覚ましいキャリアをスタートさせ、以後は各国でのリサイタル、室内楽活動とベルリン・フィルなど世界の一流オーケストラとの共演を続けている。67年から指揮活動を開始し、ウィーン室内管、ニューオリンズ響、デンバー響の音楽監督を経て、欧米のメジャー楽団とN響、韓国フィルなどに客演。 フィリップ・アントルモン

現在はミュンヘン響、スペイン・カダケス管、上海放送響の首席客演、ウィーン室内管の終身桂冠の他、サント・ドミンゴ国際音楽祭の音楽監督も務めている。教育者としてはラヴェル国際音楽院の学長を務めた後、現在はフランスのアメリカン・コンサバトリーのディレクターを務め、各国のマスターコース講師、国際指揮者コンクールの審査員も務めている。120種類を超えるCDの多くはディスク大賞やグラミー賞ノミネートを受け、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章、フランス芸術文化勲章、メリット勲章の他、オーストリア芸術科学十字勲章を授与されている。

日本は66年の初来日以来、度々来日しており、05年NHK「スーパーピアノレッスン」の講師で注目され、06年民音主催「モーツァルト生誕250年記念」ではスーパーワールドオーケストラとの弾き振りで多くの観衆を魅了した。

フィリップ・アントルモン スケジュール

公演案内で「キーワードで探す」に” アントルモン ”と入力して検索していただくと、更に詳細がご確認いただけます。

開催日 開演時間 会     場 チケットお問合せ先
5月24日 19:00 福島市音楽堂 MIN-ON福島 024(593)4621
5月25日 19:00 東京文化会館 大ホール MIN-ONインフォメーションセンター 03(3226)9999
5月28日 19:00 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール MIN-ON関西 06(6762)6130
5月30日 14:00 京都コンサートホール 大ホール
5月31日 19:00 富士市文化会館・ロゼシアター大ホール MIN-ON推進2部 03(5362)3455
6月1日 19:00 札幌コンサートホール Kitara大ホール MIN-ON札幌 011(642)5601
6月3日 19:00 神戸国際会館 こくさいホール MIN-ON関西 06(6762)6130
6月4日 19:00 愛知県芸術劇場 コンサートホール MIN-ON中部 052(261)5391

2010年2月4日現在

※諸般の事情により、日程・会場等を変更する場合がございます。
公演に関するお問い合わせ:民音 広報宣伝部03-5362-3440(平日9:00~17:00)

PAGE TOP

  • 民音音楽博物館
  • ヴァーチャル民音音楽博物館
  • 民音WEBクラブ
  • 民音キッズ
  • ミュージアムショップ
  • クラシック名曲絵本
  • 東京国際音楽コンクール〈指揮〉
お問い合わせ
当協会へのお問い合わせはこちらからどうぞ
お問い合わせはこちら