最新情報

2001年12月に、マンハッタンのマーチン・ルーサー・キング高校で「平和コンサート」を開催。
ここで<スーパー・サウンズ>の一員として大野も参加し、ニューヨークの復興に向かって温かい励ましの想いを込めた感動のコンサートとなり大きな反響を呼びました。


最新情報

2年ぶりの来日公演決定!
1974年にジャズ・ドラマー、アート・ブレイキーに誘われて渡米以来、ニューヨークで活躍するジャズ・トランペッター大野俊三の2年ぶりの全国公演を、2002年5月から6月にかけて行うことになりました。
渡米して28年、その中で素朴な日本の歌の中に、自らのアイデンティティーを見出した大野が汽献礇困覗佞任詁本の詩情兇搬蠅掘美しい情緒あふれる日本の曲を、ジャズナンバーとして新たに蘇らせます。

一流のミュージシャンとの共演
今回、共演のメンバーはドラムの巨匠ロイ・ヘインズと共に活動し、クリフォード・ジョーダン・カルテットの一員としても活躍してきた、ベースのエドワード・ハワード。(昨年には、綾戸智絵のジャパン・ツアーにゲストプレイヤーに招かれ、来日しています。)ピアノ&キーボードにはジョン・アーノルド・グループのピアニストとして、最新アルバムのプロデュースや、映画のサウンド・トラックなどでも活躍中のヘンリー・ヘイ。ドラムのビリー・キルソンは、ボブ・ジェームズ、デイブ・ホーランドなどと共演してきた実績の持ち主です。そして、ギターには、自らのバンド「One Down」の活動も活発に行うなど、多才な音楽活動を展開し、実力には定評のあるジョン・ハート。
いずれも世界トップレベルとの評価の高い、ニューヨークの一流ミュージシャンたちばかりです。これまでにも大野のコンサートやアルバムに参加するなど、息のあった顔合わせとなります。

情感あふれるサウンドでお届けするステージ
日本の叙情歌である「さくら」「荒城の月」や「月の沙漠」などを、大野がどのようにアレンジするのかを期待して、お聴き頂きたいと思います。
勿論、「サマータイム」「枯葉」などのスタンダードナンバー、そして大野のオリジナルナンバーで厳流島の決闘をイメージした「ムサシ」、グラミー賞を受賞した「バブルス」などをプログラミングして、ニューヨークの今をときめくアーチストたちとの最先端のサウンドをお届けします。
本公演にご支援、ご協力いただきますよう何卒宜しくお願いいたします。