ENGLISH
English

公演詳細

アース・リズム

アース・リズム 5カ国の打楽器の名手たちによる夢の祝祭!
アース・リズム

【出演】太鼓・プロデュース/ヒダノ修一(日本)、ラテンパーカッション・ボーカル/橋田“ペッカー”正人(日本)、サバール・タマ/ワガン・ンジャエ・ローズ(セネガル)、パーカッション・ギター・ボーカル/ホブソン・アマラウ(ブラジル)、スティールパン/トニー・グッピー(トリニダード・トバゴ)、チャンゴ・テグム/ミン・ヨンチ(韓国:12/2~8)、チャンゴ/コウ・キョンボン(韓国:12/12~13)、太鼓・ダンス/一彩(日本)、ベース・ボーカル・パーカッション/高橋ゲタ夫(日本)、ギター・ボーカル/長谷川友二(日本)、サックス・フルート・篠笛/石田裕人(日本) ※韓国のミン、コウはWキャスト

【曲目】ジャンボ・ブワナ、トリステーザ、マンボNo.5、ソーラン節、アリラン、他(予定)

☆5カ国を代表する打楽器の名手たちと楽しむ、世界のリズム&迫力のサウンド!
世界には民族の数だけ“リズム”があると言われています。世界各地に広がる打楽器を集め、めくるめくリズムをご紹介。今回は5カ国を代表する打楽器の名手たちが一堂に会し、お客様も一体となって楽しんでいただける“参加型コンサート”を目指しました。
本公演の総合プロデュースを務めるのは、世界的な太鼓ドラマー、ヒダノ修一。彼を中心に、アフリカ、中南米、アジアなど、各国を代表する打楽器の名手たちと一流ミュージシャンが集い、スペシャルバンドを結成。各国の打楽器が持つ多彩なサウンドと、ダンサブルな大迫力のビートを存分にお届けします。

参加メンバーには、“世界一の太鼓演奏技術を持つ人”に選出されたヒダノ修一をはじめ、西アフリカ・セネガルの至宝の系譜を受け継ぐワガン・ンジャエ・ローズ。ラテンパーカッションのマスターとして、日本のサルサ・シーンを牽引してきた“ペッカー”こと橋田正人。国際的スティールパン・コンテストの優勝者、トニー・グッピー。韓国伝統音楽界の異端児、ミン・ヨンチなど、錚々たる名手が集結。熱くステージを盛り上げます。
白熱の演奏とともに、各楽器の魅力を分かり易く解説。また、お客様もメンバーと一体になって楽しんでいただける演出をご用意しています。言葉や文化は違えども“音楽”は世界共通の言語。打楽器から繰り出される心地よいビートに乗って、皆様の心が解放され、より活力みなぎるような“栄養価”の高いステージをご提供します。魂を揺さぶる迫力のサウンドと超絶技巧の数々に、どうぞご期待ください!

◆ヒダノ修一 Shuichi Hidano(太鼓、総合プロデュース Taiko Drum & Produce/日本 JAPAN):1989年にデビューし、10年後の空前の和楽器ブーム到来の礎を築いた一人。世界40ヵ国以上をツアーし、21世紀の太鼓史に輝く偉業を数多く成し遂げたパイオニア。スティービー・ワンダーやハービー・ハンコックのバンドに参加。国内では嵐、ももいろクローバーZ、久石譲、ゴダイゴ、Char、藤岡弘、東京都交響楽団ほか、膨大な音楽家たちと共演。「FIFAサッカーWorld Cup」には世界初となる3大会の公式閉会式に出演し、3度の万博や天皇皇后両陛下ご臨席の式典等をプロデュース。指導者として堂本光一、三國清三、T.M.Revolutionなど多数の芸能人を手掛ける。現在、日本政府主催の国際事業には不可欠な世界トップ級の太鼓ドラマー。

◆橋田“ペッカー”正人 Masato “Pecker”Hashida(ラテン・パーカッション、ボーカル Latin Percussion & Vocal/日本 JAPAN):1977年に渡米し、ブラック&ラテン系ミュージシャンとセッションを重ね、帰国後に日本初のサルサバンド「オルケスタ・デル・ソル」を結成。日本パーカッション界の草分け的存在。坂本龍一、MISIA、SMAP、Sexy Zone、嵐、浜田省吾、KinKi Kids、尾崎豊ほか、25,000曲以上の膨大なレコーディング(CM含む)に参加。近年は音楽療法として話題の「ドラムサークル」の活動にも力を入れている。

◆ワガン・ンジャエ・ローズ Wagane Ndiyae Rose(サバール、タマ Sabar & Tama/セネガル SENEGAL):西アフリカ、セネガルの首都ダカールの有名なグリオ(伝統を継承する家系)に生まれる。父親はアフリカの至宝と呼ばれ、自身が世界遺産に認定されているドゥドゥ・ンジャエ・ローズ氏。父とともに世界中をツアーし、ローリング・ストーンズ、ジェームス・ブラウン、マイルス・デイビスら世界的アーティストたちや、山本寛斎、加藤登紀子、綾戸智恵らとも共演している。

◆ホブソン・アマラウ Robson Correa Do Amaral(パーカッション、ギター、ボーカル Percussion, Guitar & Vocal/ブラジル BRASIL):ブラジルのリオデジャネイロ出身。20歳の時、音楽学校でフルートを学んだ後、リオのリゾートホテルのディナーショーやライブハウスを中心に演奏活動を開始。1991年「BANDA BACANA」のメンバーとして来日し、拠点を日本に移す。1993年にCDを発表し、CMソングも多数手掛ける。全国各地のコンサートやイベント、テレビに出演している。最近では、小野リサのツアーメンバーとしても活動中。

◆トニー・グッピー Tony Guppy(スティールパン Steelpan/トリニダード・トバゴ TRINIDAD AND TOBAGO):スティールパン発祥の地、トリニダード・トバゴ出身。最高のスティールパン製作者・調律師と称される兄ハーマンの影響で、幼い頃からスティールパン演奏を始める。1994年には、同国開催の権威ある「ナショナル・スティールパン・ソロスキル・コンテスト」の個人部門で優勝。世界各地をツアーし、メディアにも取り上げられる。マーカス・ミラー、Char、Def Teck、松岡直也、カルロス菅野ら多くのアーティストと共演している。

◆ミン・ヨンチ Min Youngchi(チャンゴ、テグム Chango & Taegum/韓国 KOREA):ソウル大学音楽学部国学科卒。1992年、サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1993年、スーパー・パーカッション・グループ「PURI」の創設に参加。90年代、韓国の伝統界では珍しかったPOPSやテレビ等のメディアに進出し、これまでに「PSY(サイ)」をはじめ、様々なジャンルのアーティストと共演し、“韓国伝統音楽の異端児”と呼ばれてきた。WOMADなど世界のワールドミュージック祭に積極的に出演し、2014年には、韓国文化芸術委員会より作曲賞を受賞している。

◆コウ・キョンボン 高 庚範 KOH Kyonbom(チャンゴ Chango/韓国 KOREA):1994年、韓国伝統芸能サムルノリに出会い、韓国伝統音楽の道に邁進する。1998年、自身で「Chango Orchestra Shifa」を結成し、様々なイベントに出演。2002年、ミン・ヨンチがプロデュースする「PROJECT SANTA」に参加。2012年、「YUMI KATSURA 2012 GRAND COLLECTION IN TOKYO -THE WIND OF ASIA-」の韓国シーンに出演。2015年には、「KOREA MUSIC FESTIVAL~Saturday Chango Fever~」の演出・制作総指揮を担当し、好評を博している。

◆一彩 Issai(太鼓、ダンス Taiko Drum & Dance/日本 JAPAN):1997年生まれ。12~15歳までジャニーズJr.研修生として、紅白歌合戦出演や大物アーティストのバックダンサーを務めた。太鼓奏者として10ヵ国の海外公演に参加してきたほか、ももいろクローバーZ、嵐の5大ドーム&アリーナ全国ツアーに参加。2017年4月公開の大人気映画『帝一の國』のフンドシ太鼓シーンに出演し、作曲・振付も担当。現在は、若手プロ集団「和太鼓グループ 彩」に所属。

--------------------------------------------------------------

◆高橋ゲタ夫 Getao Takahashi(ベース、ボーカル、パーカッション Bass, Vocal, Percussion/日本 JAPAN):1976年、「ジョン山崎&スクールバンド」(Columbia)でレコードデビュー。以来、高中正義、松岡直也、オルケスタ・デル・ソル、日野皓正、熱帯ジャズ楽団をはじめ、数多くのセッション&レコーディングに参加。様々なグループの海外ツアーにも多数参加している。自ら主宰する複数のバンドで多忙な日々を送っており、さらに井上陽水、徳永英明、天童よしみ、南佳孝などとも共演をしている。

◆長谷川友ニ Yuji Hasegawa(ギター、ボーカル Guitar & Vocal/日本 JAPAN):コード&リズム、ベースラインをすべて一本のギターから紡ぎ出し“弾き語る” 独特のスタイルが高い評価を得ている、シンガー・ソングライター&ギタリスト。4枚のソロアルバムやシングルを発表しているほか、ミッキー・カーチス、沢田研二、SMAP、本田美奈子、庄野真代、篠原涼子、島倉千代子など数多くのアーティストと共演やレコーディングを行っている。

◆石田裕人 Hiroto Ishida(サックス、フルート、篠笛 Sax, Flute, Shino-bue/日本 JAPAN):音楽大学在学中に都内ライブハウスを中心に活動を開始し、卒業後にプロ活動をスタート。韓国人歌手のサポートでフランス、ロシア、ベトナム、中国、北朝鮮で演奏。1998年には単身NYに渡り、現地ミュージシャンと頻繁に演奏を行う。様々なジャンルで、歌心溢れるエキサイティングなプレイに定評がある。現在は、北島三郎などの専属バンドを務めるなど、多数のアーティストと共演を行っている。


【チケットのお求め】
新潟伊勢丹/025-242-1111
チケットぴあ/0570-02-9999 [Pコード:342-604] 

【お問い合わせ】
MIN-ONインフォメーションセンター
℡03(3226)9999
公演概要  
公演名 アース・リズム
日時 2017年12月4日(月)  6:30p.m
会場 新潟テルサ 新潟県 新潟市
料金 全席 \6,000
チケット発売日 2017年9月22日(金) 発売中
WEBクラブのご案内 民音WEBクラブチケットサービス
チケット発売所 チケットぴあ
前のページへ戻る

PAGE TOP

公演案内
公演情報
これまでの公演
チケット購入方法
  • 広報誌「みんおんクォータリー」
  • 民音博物館
  • バーチャル民音音楽博物館
  • 民音WEBクラブ
  • 民音キッズ
  • ミュージアムショップ
  • クラシック名曲えほん
  • 東京国際音楽コンクール〈指揮〉
お問い合わせ
当協会へのお問い合わせはこちらからどうぞ
お問い合わせはこちら