ENGLISH
English

History of MIN-ON.

  1. 8
  2. 7
  3. 6
  4. 5
  5. 4
  6. 3
  7. 2
  8. 1
  9. はじめに

Vol.5 「マリンロード音楽の旅」の歴史 三隅治雄氏 特別寄稿

  • はじめに
  • 1.タイと沖縄~その華麗な舞踏~
  • 2.マレーシア~民族の響き、きらめく歌・舞・奏!!
  • 3.インドネシア 太陽の響き・海の舞
  • 4.南海の真珠・フィリピンの詩
  • 5.ミャンマー竪琴の響き・金色の舞
  • 6.ブルネイ&沖縄 南国の楽園 王朝の雅び
  • 7.豊饒なるベトナムの楽舞
  • 8.スリランカ・ブダワッタ民族舞踊団

豊穣なるベトナムの楽舞

舞踊「メコン川の黄金のお盆」
舞踊「メコン川の黄金のお盆」
竹筒筏トゥルンの二重奏「山へ帰ろう」
竹筒筏トゥルンの二重奏「山へ帰ろう」
舞踊「古銭つき拍子木セインティエンの踊り」
舞踊「古銭つき拍子木セインティエンの踊り」

古楽との8世紀の出逢い

海を遠く隔てたインドシナ半島東部の国ベトナムと日本が、時を遠く隔てた8世紀の昔に、芸能で親しく触れ合った史実がありました。奈良時代の天平勝宝4年(752年)4月9日、奈良東大寺で大仏開眼会(だいぶつかいげんえ)が催された時、大仏殿前庭の舞台で、国内と国外の楽舞が奉奏されるなか、唐楽・高麗楽などと並んで奏されたのが、林邑国(りんゆうこく)の僧・仏哲(ぶってつ)が持ち伝えた林邑楽でした。林邑国とは2世紀ごろベトナム中部以南の海岸沿いにベトナムの一部族のチャム族が建国したチャンバ王国で、中国からは林邑と呼ばれました。インド文化の影響著しく、仏教を信仰し、仏哲は南インドで修行し、中国を経て736年に来朝して奈良大安寺に住みました。753年、林邑楽の演目「菩薩」「抜頭(ばとう)」を宮廷の楽部が学んで、雅楽寮(ががくりょう)の舞楽とし、その他の数曲も雅楽の演目に収まり、今日に伝わりました。

もっとも、林邑国の方は17世紀に滅亡し、一方、前111年から939年まで中国に支配されていた北部のベトナム人がゴ・クエン(呉権)の手で独立し、以後王朝が度々替わりながらも18世紀に全土を統一したグエン(阮)王朝まで続きました。しかし、1885年フランス領となって以後、太平洋戦争を挟んで国情が激しく変動し、苦難に遭いながらも、最後は20年にわたるベトナム戦争を勝ち取りました。その民族解放を成し遂げた意識の高まりが、国全体を若々しく甦らせて、新たな社会づくりに人々は活気づいています。

人口構成は、ベトナム人を代表するキン族が約84%で大半を占め、他はタイ族・チャム族・ムオン族・モン族・メオ族・クメール族など54種もの少数民族が散在しています。中国人を初め東洋・西洋の人達も各種事業に携わっています。

豊穣の楽舞の国

ベトナムの民衆は、貧富を問わず、情感が豊かで、感じれば手に取るものを楽器にして歌い、心が弾めば躍り跳ねて興じます。本公演は、その楽と躍の頂点に立つ素敵な演奏家・舞踊家を集めての「豊穣の楽舞」の饗宴でした。

山口修氏の企画協力で、1996年5月15日から6月14日までの18回公演。出演は、ホーチミン市を中心に活躍するサイゴン・ツーリスト・フードン・アンサンブルと、名歌手グエン・ティ・チャウ・ジンを擁するカーフエ・アンサンブルの皆さんです。

指孔なし縦笛サオヴォーの独奏「祭りの笛の音」
指孔なし縦笛サオヴォーの独奏「祭りの笛の音」
舞踊「杯カスタネット」
舞踊「杯カスタネット」

竹が創り出す驚異の妙音

第1部は「ふるさとに生きる」のタイトルでの音楽と踊り。最初の「祭りの笛の音」でまず驚かされたのは、ベトナム人の「音」を創り出す能力の素晴らしさでした。この国には竹がいっぱいあって、子供も気軽に竹を切って楽器にするのですが、初めにサオヴォーと呼ぶ竹の縦笛が登場しますが、何と指孔(ゆびあな)が全く無いのです。それが、管の先端に指を当てて、吹き口からの息づかいと指先の微妙な揺らし方だけで、絶妙のメロディを紡(つむ)ぎ出します。しかも、更にもう1本のサオヴォーを同時に口に当てて、二重の音を生み出すという妙演も披露しました。2曲目がまた見事です。クローンブットと呼ぶ竹の楽器で、太めの竹筒を長さの順に並べ、管の開口部の前で手のひらをへこませて手拍子を打つと、それが竹筒の中で共鳴し、また、楽器の角度を変えて、ゴムベラ状の平たいもので端を叩くと歯切れのよい打音が響きます。それに、笛・太鼓・鈴をからませながら、春の到来を呼ぶ音楽を奏(かな)でるのが爽快です。男性のコーラス「少女の水浴び」でも、伴奏に竹製横型のシロフォンとダンゴーンと呼ぶ竹製の琴が使われますが、後者は竹筒の胴に金属弦を張り、その竹筒には瓢箪の共鳴胴を付けて独得の音を弾き出します。また、「山へ帰ろう」の曲では、細めの竹を長短の順に横並べして紐でつなぎ弓状に吊り下げたダントゥルンと呼ぶ竹製のシロフォンを、2台で打ち鳴らしながら、高原の小川のせせらぎにも似た清冽な音楽を奏でます。もともと山地民族の楽器で、山中の樹の枝に片方を結び付けて弓状に吊り下げ、桴(ばち)で打ったと言います。

第1部では、他に旧都フエの民謡2曲と群舞2曲、打楽器合奏を披露しましたが、民謡の1つは恋人を一夜待ちわびて暁を迎える歌で、日本の「黒髪」や「諸屯(しょどん)」に酷似し、群舞の「杯(さかずき)カスタネット」は、佐賀・長崎の民踊「皿踊り」に似て興味を誘いました。

平和への願いを込めて

第2部「平和を願う」では、一弦琴と十六弦筝が注目されました。前者はダンバウと呼ばれ、日本とまるで異なり、全長80~100㎝の共鳴胴の端に、瓢箪(ひょうたん)の殻に竹の棒を挿したものを取り付け、一方の端から張った1本の金属弦をその竹棒(柱)に巻き、奏者は左手でしなやかな竹棒を操作して弦の張力を調節し、右手は細撥(ほそばち)で弦を鳴らし、かつ小指で弦に触れて倍音(ハーモニックス)を出します。実に繊細でベトナムならではの奏法です。一方の十六弦ダンチャインは中国伝来のもので日本の十三弦箏と似たものです。この両者で奏でる「子守歌」は美しく心に沁みるものでした。

一弦琴の独奏は、かつて北部に襲われることの多かった南部の民衆の平和への願いを訴える曲でしたが、また民謡で、チャウ・ジンさんが、破れて他国に嫁ぐ南部の王女の南の平和を希求する歌をせつせつと聴かせました。昔は東西対立して、文化も違い、音階も北のパク、南のナムと異なっていたベトナムです。しかし、今は全土の多民族も1つになって国の平和と発展を期そうとしている。その心意気をダイナミックな太鼓とパーカッションの壮烈な演奏に示して、幕を降ろした感動的な公演でした。

三隅治雄(文学博士)Haruo Misumi
三隅治雄(文学博士)Haruo Misumi
1927年大阪府生まれ。文学博士。芸能学会会長。独立行政法人東京文化財研究所名誉研究員。一般社団法人日本伝統芸術国際交流協会名誉会長・公益財団法人全国税理士共栄会文化財団常務理事・公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団理事・公益財団法人ポーラ伝統文化財団理事・公益財団法人日本民謡協会理事・三菱UFJ地域文化財団理事など。
國學院大學国文学科で折口信夫・西角井正慶に師事。東京国立文化財研究所芸能部長・実践女子大学教授・中野区歴史民俗資料館名誉館長などを歴任。広く国内外の伝統芸能の調査研究に従事し、とくに民俗芸能を伝承学的立場で研究し独特の歴史的体系づけを行い、また、伝統芸能の保存・振興に尽力している。近年は伝統芸能の国際交流に積極的に関わり、一方、伝統芸能に基づく舞台芸術の創造を意図しての創作活動に取り組んでいる。
芸術祭賞等受賞。紫綬褒章受章。沖縄県功労章受章。
主な著書に、「芸能史の民俗的研究」「民族の芸能」「日本舞踊史の研究」「郷土芸能」「祭りと神々の世界」「さすらい人の芸能史」「民俗芸能の芸」「日本の民謡と舞踊」「原日本おきなわ・沖縄の民俗と芸能史」「おどりの宇宙」「神々の国から」など。編著に「民俗芸能辞典」「日本民謡辞典」「全国年中行事辞典」など。

はじめに12345678

PAGE TOP

  • 広報誌「みんおんクォータリー」
  • 民音音楽博物館
  • ヴァーチャル民音音楽博物館
  • 民音WEBクラブ
  • 民音キッズ
  • ミュージアムショップ
  • クラシック名曲絵本
  • 東京国際音楽コンクール〈指揮〉
お問い合わせ
当協会へのお問い合わせはこちらからどうぞ
お問い合わせはこちら