ENGLISH
English

History of MIN-ON.

  1. 3
  2. 2
  3. 1

Vol.1  民音・指揮者コンクールの歴史
外山雄三審査委員長インタビュー

世界に広がる東京国際音楽コンクール<指揮>

―――外山先生には、民音の指揮者コンクール(1988年より東京国際音楽コンクール<指揮>に改称)の発足当初から審査委員としてご尽力を賜り、また1997年からは審査委員長として、コンクールの発展に寄与してくださいました。
本日は貴重なお時間の中、インタビューをご快諾いただき、大変にありがとうございます。民音の指揮者コンクールの歴史やエピソードなどを、お伺いできればと思っております。宜しくお願い申し上げます。
民音の指揮者コンクールの歴史について、簡単にお願いできますでしょうか?

第1回指揮者コンクール 本選(1967年)指揮は第一位の手塚幸紀氏
第1回指揮者コンクール 本選(1967年)
指揮は第一位の手塚幸紀氏
第2回指揮者コンクール 表彰式での審査委員(1970年)
第2回指揮者コンクール 表彰式での審査委員(1970年)
入賞者を激励する齋藤秀雄審査委員長(1970年)左から、尾高忠明氏、小泉和裕氏、齋藤秀雄氏
入賞者を激励する齋藤秀雄審査委員長(1970年)
左から、尾高忠明氏、小泉和裕氏、齋藤秀雄氏

まず、最初に申し上げたいのは、有名な指揮者の名前を冠したコンクールなども世界中にある中で、1967年からスタートして40年以上にわたり、継続してコンクールを開催されてきたことはすごいことだと思う。
今までにも、有名な音楽家の名を冠したコンクールが、いつの間にか消えてしまったということがたくさんあった。
これだけ長く継続してこられたのは、ひとえに民音の皆さまの尽力の賜物だと思う。
また、この指揮者コンクールを開催したことで、日本の指揮界を一つにまとめたと思う。
日本の指揮界は、まず近衛秀麿先生から始まったと言える。
当時は音楽の勉強をしたくても、まず楽譜を手に入れるところからだった。
以前、近衛先生の書かれた書物を読んだ中で、当時徳川家の南葵音楽文庫の中に確かベートーヴェンの楽譜があり、そこから借りられたようだ。
でも親に見つかると怒られるので、押入れに隠れて暗い中で写譜をしたと書いてあったが、今では考えられないくらい、そういった大変な状況で音楽を学ばれてきて、今の日本の指揮界の歴史を築き上げてきてくださった。
その次に、齋藤秀雄先生たちの世代になった。
この時期、指揮者協会というものは存在したが、齋藤先生が設立されたこともあり、派閥とまではいかなくても、齋藤先生の指導性に賛同していない先生方もいらしたので、そういった方たちの門下生も含め、協会に指揮者全員が加入していたわけではなかった。でも、このコンクールが出来たことにより、皆が一堂に会する機会が出来た。そして今日まで、誰の教え子であるとか、そういったことに関係なく、公平に審査が出来ているコンクールを開催してこられたと思う。
歴代の審査委員たちも素晴らしい顔ぶれで、またこのコンクールから優れた指揮者を数多く輩出することが出来た。

コンクール事務局が、毎回素晴らしい審査委員を集めてくださることにも感謝している。
私たちは毎回、その時の世界の音楽界を見渡しながら、こういった方に審査委員をお願いできないか、国や経歴もなるべく重なることのないようにとリクエストをするのだが、数年先までのスケジュールが決まっているのが当たり前の海外の音楽家たちにコンタクトを取り、審査委員の依頼をし、受諾していただいていることは本当にすごいことである。
常に私たちにも連携も取ってくださり、また毎回のコンクールが終わるたびに、また平行して既に次回のコンクールの準備をスタートしてくださっている。その姿勢が、完璧な運営につながっているのだと思う。

第4回指揮者コンクール 表彰式(1976年)朝比奈隆審査委員長、J.カルタンバック氏
第4回指揮者コンクール 表彰式(1976年)
朝比奈隆審査委員長、J.カルタンバック氏
第7回指揮者コンクール 大綱発表記者会見(1984年)左から、若杉弘、小澤征爾、山田一雄、吉田要(民音代表理事)、朝比奈隆、森正、岩城宏之の各氏。
第7回指揮者コンクール 大綱発表記者会見(1984年)
左から、若杉弘、小澤征爾、山田一雄、吉田要(民音代表理事)、朝比奈隆、森正、岩城宏之の各氏。

ただ、私は本当は「インターナショナル」という言葉は使いたくない。「ユニバーサル」であるべき。
なぜなら、「インターナショナル」となると、どうしても“国”というものがクローズアップされてしまう。
でも、本来どこの国出身であるとか、どんな言語を話すかとか、音楽性には全く関係ない。
だから、コンクールの審査の時にも、「オーケストラのメンバーに、言葉で説明してもよい」という表現を参加者に伝えているが、本来言葉で伝えることをしなくても、本人の腕の振り、体の表現ひとつで、どういった演奏を自分がしたいのか、思いを伝えることが出来るのが、指揮者というものである。
もちろん、芸術というものを、コンクールという形で優劣をつけること自体が正しいのか難しい部分も多いが。
ただ、指揮者として、こういった演奏がしたいと楽団に伝えられているかどうかは、見ているこちらも判断できるものである。
それが出来ている人の才能を見出し、世に出していくのがコンクールだと思う。

123

PAGE TOP

  • 広報誌「みんおんクォータリー」
  • 民音音楽博物館
  • ヴァーチャル民音音楽博物館
  • 民音WEBクラブ
  • 民音キッズ
  • ミュージアムショップ
  • クラシック名曲絵本
  • 東京国際音楽コンクール〈指揮〉
お問い合わせ
当協会へのお問い合わせはこちらからどうぞ
お問い合わせはこちら